Google、Huawei社とのいくつかの事業を停止、オープンソース版への切り替えを余儀なくされる

Google、Huawei社とのいくつかの事業を停止、オープンソース版への切り替えを余儀なくされる

アップデートへのアクセスを失う

GoogleはHuaweiとの取引を中止しました

オープンソースライセンスで一般に入手可能なものを除いて、ハードウェア、ソフトウェア、技術サービスの譲渡が必要です

GoogleのAndroidオペレーティングシステムへのアップデートへのアクセスをすぐに失うので、この動きは中国外のHuaweiのスマートフォンビジネスを狂わせるかもしれません

Androidスマートフォンの次期バージョンでも、Google Playストア、Gmail、YouTubeアプリなどの一般的なサービスにアクセスできなくなります

Huaweiは、Android Open Source Project(AOSP)と呼ばれるオープンソースライセンスを通じて利用可能なAndroidオペレーティングシステムのバージョンに引き続きアクセスできるようにします

Googleによると、世界中に約25億のアクティブAndroidデバイスがあります

スポンサーリンク


Huaweiは、Androidの使用が妨げられた場合に備えて、過去数年間で独自のテクノロジを開発して緊急時対応計画を準備してきたと述べています

この技術の一部はすでに中国で販売されている製品に使用されている、と同社は述べています

Gmail、YouTube、Chromeブラウザなどの人気のあるGoogleアプリは、オープンソースライセンスの対象にならず、Googleとの商業契約が必要になるため、今後のHuaweiの携帯電話からは消えます

ただし、Google Playストアにアクセスできる既存のHuaweiデバイスのユーザーは、引き続きGoogleが提供するアプリのアップデートをダウンロードできます

Googleのモバイルアプリのほとんどは、TencentやBaiduなどの国内の競合他社が代替品を提供している中国では禁止されているため、影響は、中国市場では最小限になると予想されます

HuaweiはヨーロッパでGoogleからこれらのサービスをライセンスしているため、Huaweiのヨーロッパでの事業に影響する可能性があります

(Via Reuters.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)