化学療法3クール目

化学療法3クール目

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

IMG 4477


3クール目の1回目 2014年9月17日


そしてまたもや、ジェムザールの点滴はなかったのですが、ティーエスワンの抗がん剤が終了する三週目から、38度を超える熱がでました。

1クール目に同様のタイミングで39度の高熱を経験して、解熱剤も処方されていたので38度を超えた二回だけ解熱剤を服用しました、何か同じパターンだなと・・・だだし前回よりも熱が低いので楽でした。

結局9月11日に発熱して9月15日には平熱に戻りました。

9月17日は3クール目の1回目のジェムザールの点滴の日、血液検査を済ませると黄疸の数値をみる「総ビリルビン」がやっと基準値の1.2mg/dlを6月の入院以来初めて切って1.1mg/dlの基準値に。

白血球も分葉核球も基準値内に収まっていました、何より血液検査の数値が全て基準値に収まっていましたので、3クール目の1回目のジェムザールの点滴をする事が出来ました。

皮膚に副作用が出ています、指先の色素沈着で日に焼けたように黒くなってきています。

IMG 4373


3クール目の2回目 2014年9月24日


化学療法も3クール目に入って2回目のジェムザールの点滴の日です。

2クール目の2回目は、白血球と分葉核球共に基準値を下回って一回飛ばしています、どうも二回目になるとかなり白血球と分葉核球の数値が下がってしまうようで、これも副作用なのでしょう。

今回はと言うと、白血球が3.5とぎりぎりと分葉核球が31.9と基準値を下回ってどうするかとなりましたが、点滴を行う事になりました。

免疫力が低下しているので、手洗い・うがいを忘れないようにと、人混みは避けるように外出にはマスクをと・・・。


腫瘍マーカーですが、CEA,AFP,Span-1共に基準値内なので、増減があれば状況が解るのですがと言うことで、4クール目の3週目にCT撮影をする事になりました。

現在の副作用としては、疲れやすくなっています。
急激に動くとふらっとする事もあり、午後から少し睡眠をとる事が多くなってきています。

動かないので体力の低下があるのかと思うので、無理のない程度にウォーキングを再開してみようかと思います。


余命4ヶ月を宣告されたのが6月26日ですから、ちょうど三ヶ月経過した事になりCT撮影の日がほぼ四ヶ月目となります。

あまりにも何もないので(本当は嬉しい事なのですが)、本当に癌なのかなと・・・思ったりもする時もあります。





ご案内

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly














LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)