EUの新しいバッテリー規制、Appleはどのように適応するのか?

EUの新しいバッテリー規制、Appleはどのように適応するのか?

ヨーロッパ連合(EU)は厳格な規制で知られており、その最新の動きはテクノロジー産業を揺るがす可能性があります

ヨーロッパ評議会は、大手テクノロジー企業であるAppleに大きな影響を与える可能性のある新しいバッテリー規制を採択しました

エコフレンドリーなエネルギー貯蔵へのシフト

新規制は、以前のバッテリー指令への一連の修正で、EU内のより環境に優しいエネルギー貯蔵インフラを提供することを目指しています

これは技術的にはEU加盟国のみに適用されますが、EUが世界経済で果たす大きな役割を考えると、その世界的な影響は否定できません

これらの規制の注目すべき要件の一つは、ポータブルデバイス、つまり電話、タブレット、ラップトップなどが、特別な工具や訓練なしにユーザーが簡単に交換できるバッテリーを持つことが必要とされています

この要件は、iPhone、iPad、Macのバッテリーを密閉式にしているAppleにとって大きな設計上の課題を提示します

スポンサーリンク

Appleへの影響

Appleの製品とパッケージに環境に優しい素材を使用するという長年の取り組みは、循環型バッテリー経済を推進するEUの取り組みと一致しています、しかし、ユーザーが交換可能なバッテリーの要件は問題となる可能性があります

規制では、「ポータブルバッテリー」を「密封され、重量が5kg以下で、特に産業用に設計されておらず、電気自動車のバッテリー、LMTバッテリー、SLIバッテリーでもないバッテリー」と定義しています

この定義は、Appleの製品のほぼすべて、つまりiPhone、iPad、MacBook、さらにはApple Watchまでを含みます

新しい規則によれば、2027年までにAppleはiPhone、iPad、MacBookをユーザーが特殊なドライバーやヒートガンなどを使わずにバッテリーを交換できるように設計しなければならないとされています

この要件は、これらのデバイスの厚さ、重さ、おそらくは防水性能にも変更をもたらす可能性があります

スポンサーリンク

これからの道のり

期限はまだ数年先ですが、規制がまだ正式に署名されていないとはいえ、Appleや他の大手市場プレーヤーが反応するための時間はたっぷりとあります、これらの新規制の影響をどう受け止めるかについては、法的な挑戦と製品設計の変更の両方が予想されます

EUの新しいバッテリー規制は、持続可能性に対する世界的な焦点の増大を明確に示しています、消費者として、私たちはAppleのような大手テクノロジー企業がこの挑戦にどのように対応し、より環境に優しい未来のために革新するかを見守るしかありません

(Via Macworld.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)