Apple、iPhone 生産の停滞により、3月四半期の売上高が30億ドル押し上げられる可能性がある

Apple、iPhone 生産の停滞により、3月四半期の売上高が30億ドル押し上げられる可能性がある

AppleのiPhone 14の供給は、中国の主要組立工場におけるCovid関連の生産減速により、引き続きマイナスの影響を受けています

しかし、Apple は、生産不足の間、競合する Android スマートフォンの売上を失う可能性は低いと、Evercore ISI のアナリスト、Amit Daryanani 氏は、顧客に向けたメモで「Apple の忠実な顧客ベースはただ待って、在庫ができたら携帯電話をアップグレードするだろう」、と述べました

Appleは、台湾に拠点を置くFoxconnが所有する工場でCovid-19の制限は、iPhone 14 ProおよびPro Maxモデルの「生産能力が大幅に減少した」と警告しました

iPhone 14 シリーズのこれらのハイエンド モデルは引き続き高い需要があるという。しかし、iPhone 14の通常モデルの売れ行きは期待外れとなっています

スポンサーリンク


Daryanani 氏は、「Foxconn が通常の業務を再開するのに苦労した結果、需要の高いハイエンド モデルのリード タイムが長くなりました、iPhone 14 Pro と Pro Max に対する一貫した強い需要と、Apple エコシステムの粘り強さを考えると、これは収益の繰延べ対損失と見なし続けています」と述べています

ロックダウンで Apple は 週間に10億ドルの損害を被る

JefferiesのアナリストKyle McNealy氏は、顧客向けノートで、COVIDのパンデミックによる影響で、Appleは週に10億5000万ドルの売り上げを失っている可能性が高いと指摘しています

三週間のロックダウン期間を想定して、McNealy氏は12月期の売上予測を43億ドル下方修正しました

McNealy氏は、AAPL株の目標株価を195で買いと評価しています

(Via Investor’s Business Daily.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)