AppleとEpic Systems、macOS対応の健康記録ソフトウェアを共同開発

AppleとEpic Systems、macOS対応の健康記録ソフトウェアを共同開発

Appleは医療分野への進出を続けており、今回はEpic SystemsとMac対応版の健康記録アプリに関する契約を結びました

Axiosが報じているように、この取引でEpic Systemsは、「Appleデバイスで実行しやすい」健康記録ツールのバージョンを作成することになります

伝えられるところによると、AppleはEpicに対してAppleデバイス向けの「サービスのネイティブバージョン」を作るよう求めていたと言われましたが、両社は代わりに「Appleデバイスで実行しやすい」バージョンで妥協することで合意しました

Appleはこの取引を認めていませんが、Axiosは「Epic内部の情報筋」によって確認されたと伝えています

Axiosの説明によると、EpicとAppleは健康記録やデータ共有に関して以前から意見が対立していましたが、今回の結果に至ったととのことです

Appleは医療記録の共有義務の緩和を推進しているが、Epicはこれに強く反対していました、Epicは、「相互運用性 に焦点を当てたルール変更は「医療システムに過度の負担をかけ、患者のプライバシーを危険にさらすことになる」と主張しました

Epic Systemsは米国最大の電子健康記録ベンダーであり、「人口の約半分の医療記録」をEpicのソフトウェアとテクノロジーを利用したシステムに保存されています、十分に開発されたMac、Apple、iPhone用ソフトウェアがEpicから提供されていないため、Appleは医療記録業界へのさらなる参入を妨げられています

特に医療記録技術を中心としたヘルスケア業界の動きのペースを考えると、この新しい取引の成果が現れるのはしばらく先になるでしょう

とは言え、特にAppleの他のプラットフォームやサービスとのデータ統合が改善されれば、業界と消費者にとって良い結果になる可能性があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)