Appleの2023年のiPhoneは、従来の角ばったデザインに代わり、チタン製のシャーシに曲面のリアエッジを採用するとの噂

Appleの2023年のiPhoneは、従来の角ばったデザインに代わり、チタン製のシャーシに曲面のリアエッジを採用するとの噂

Twitterユーザーの@ShrimpAppleProによると、iPhone 15の背面の端は丸みを帯び、Appleの最新の14インチおよび16インチMacBook Proのケースの下端と同様の新しい縁取りができるとのことです

チタン素材に変更されたにもかかわらず、iPhone 15には 「まだ背面ガラスがある」 と、過去に正確な情報を提供したリーカーは主張していますが、@ShrimpAppleProは、情報は 「現状のまま受け取るにはまだ非常に早い」 と警告しています

今年の初めに、iPhone 14の噂では、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxにチタン合金のシャーシが採用されることが示唆されていましたが、それは実現しなかったせず、:iPhone 14のすべてのモデルは、アルミニウムとステンレス鋼で作られたシャーシです

スポンサーリンク


しかし、Appleは最近、同社製品のチタン筐体の実現可能性を調査しており、その中には将来のMacBook、iPad、iPhoneに固有の特性を持つチタン加工品の使用に関する特許が含まれています

チタンはステンレスに比べて硬度が高く傷に強く、剛性が高いため曲げにも耐えられる耐久性があります

しかし、チタンの強度はエッチングを困難にするため、Appleはブラスト、エッチング、および化学プロセスを開発し、チタン製のエンクロージャーに高光沢の表面仕上げを施して、より魅力的な外観を得ることができるようにしました

最新の報道が正しければ、AppleがiPhoneとiPadにチタンを採用するのは初めてとなります、最近のApple Watch UltraなどApple Watchの筐体素材にチタンを採用しており、Appleの物理的なカードもチタンでできていますが、最新のiPhoneやiPadはステンレスやアルミニウムでできています

2023年9月に登場する可能性が高いiPhone 15モデルは、iPhone 14のラインナップと同じサイズで、Lightningの代わりにUSB-Cを搭載し、ソリッドステートのボリュームボタンと電源ボタン、新しいカメラ技術、全モデルにダイナミックアイランドを備えると予想されています

BloombergのMark Gurman氏によると、Appleは、最上位製品であることを示すApple Watchの「Ultra」という命名規則に従い、iPhone 15の「Pro Max」バージョンを新しい「Ultra」モデルに置き換える可能性があるとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)