Apple、複合現実ヘッドセットの量産開始は2023年3月か?

Apple、複合現実ヘッドセットの量産開始は2023年3月か?

DigiTimesによると、AppleはPegatronが最終組み立ての独占パートナーになる予定で、複合現実ヘッドセットの開発を進めています

同報告書は、ヘッドセットの製造検証プロセスにおける現状に基づき、2023年3月に量産が開始され、翌月に発表される可能性が高いと予測しています

初期生産数は非常に限られていると言われており、価格は高く、Appleの最初のヘッドセットは主に商用市場に限定されています

業界筋によると、このXRヘッドセットは主に商用市場をターゲットにしています、価格が高く、出荷数量が限られており、これまでの予測では、このデバイスの年間出荷台数は250万台に達するとされていました

しかし、現時点での概算では、年間出荷台数は70万台から80万台程度とされています

量の恩恵を受けるサプライチェーンのメーカーにとって、これは特に利益の出る注文では在りません


初期のヘッドセットの生産では収益性が低いにもかかわらず、Appleの製造パートナーは将来のAR/VR製品に適した位置につけるため、技術力を証明するためにこのプロジェクトでAppleと協力する用意があると言われています

また、Appleのブランドが認知されたことで、企業は活動資金を資本市場で調達しやすくなりました

Appleは長年、拡張現実 (AR) 、仮想現実 (VR) 、複合現実 (MR) ヘッドセットの開発に取り組んできましたが、いくつかの開発上の問題に直面し、開発の進展が遅れていると報じられている

これまで、Appleが2022年中のいずれかの時点で同ヘッドセットを発表する可能性があるという噂が流れていましたが、アナリストのMing-Chi Kuo氏は6月に、Appleは2023年1月の発表を目標にしている可能性が高いと述べています

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)