iPhone 14、Face IDの改良に伴い、アンダーディスプレイのTouch IDを搭載しないとの噂

iPhone 14、Face IDの改良に伴い、アンダーディスプレイのTouch IDを搭載しないとの噂

アナリストのMing-Chi Kuo氏はツイートで、AppleがTouch ID搭載モデルを今後2年以内に発売する可能性は低いと述べました

Kuo氏は2021年9月のリサーチノートで、Appleが2023年後半に画面下指紋認証スキャナを搭載したiPhoneの新モデルを少なくとも1機種発売すると予測していましたが、最新のツイートではその可能性が低くなったことを示唆しています

TF International SecuritiesのアナリストであるKuo氏は、「私は以前、iPhoneが早ければ2023年にもディスプレイ内指紋認証やTouch IDをサポートするようになると予測していた。しかし、最新の調査によると、2023年と2024年の新型iPhoneはディスプレイ下のTouch IDを採用しない可能性があるといいます、iPhoneでマスクをしたFace IDは、すでに優れたバイオメトリクス (生体認証) ソリューションだ」とツイートしました


The Wall Street JournalのJoanna SternやBloombergのMark Gurmanの報告によると、Appleは少なくとも一部のiPhone 13モデルで画面下の指紋スキャナをテストしましたが、Appleはこのアイデアを進めないことにしたようです
スポンサーリンク


画面下のTouch IDは、Face IDがマスクで機能しない場合に最も便利でしたが、iOS 15.4ではiPhone 12モデル以降に「Face ID with a Mask」という新機能が導入されました

iPhoneにFace IDと画面下Touch IDの両方を搭載すれば、顧客に両方の利点を提供できるという議論はまだ可能ですが、Kuo氏のツイートは、それが実現するとしても数年はないだろうということを示唆しています

AppleがiPad AirやiPad miniの最新モデルと同様に、電源ボタンにTouch IDを内蔵したiPhoneを発表する可能性は残っていますが、Appleがその道を歩む予定であることを示唆する噂は出てきていないようです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)