Appleは、Netflix、Hulu、Kindleなど「リーダー」アプリの規制を緩和しアカウント作成・管理のためのウェブWebサイトへのリンクが可能に

Appleは、Netflix、Hulu、Kindleなど「リーダー」アプリの規制を緩和しアカウント作成・管理のためのウェブWebサイトへのリンクが可能に

昨年Appleは、いわゆる(デジタル雑誌、新聞、書籍、オーディオ、音楽またはビデオを主要な機能として提供するもの)アプリケーションのルールを一部変更することに同意しました、3月も終わりに近づき、Appleはこの変更を正式に認めました

このルールの変更は、苦情に対処し、公正取引委員会による調査を終了するために行われたもので、このようなアプリの開発者は、自身のアカウント (課金情報を含む) を管理するために開発者が管理するWebサイトにユーザーを誘導するために、特別な外部リンクアカウント資格を申請する必要がありますが、自身のアプリ内に実際に1つのリンクを提供することができるようになります

Appleは以前から、このようなアプリがApple自身のアプリ内課金システム以外で課金を行うことを認めており、その際、Appleは15~30%の手数料を徴収しています

しかし、これらのアプリ(Netflix、Kindle、Amazon Prime Video、Audibleなど)は、アプリ内で実際にユーザーに課金することを許されていませんでした

スポンサーリンク


また、ユーザーがウェブWeb上でアカウントを作成し、課金情報を入力することも許されていませんでした、今までは、「アカウントを作成するにはWebにアクセスしてください」というテキストを表示するのがせいぜいでした

この変更は昨年発表されましたが、Appleは当時、”2022年初頭 “まで実施されないと述べていました

App Store Review guideline 3.1.3(a)のアップデートでは、”リーダーアプリ開発者は、アカウントを作成または管理するために、開発者が所有または責任を保持しているWebサイトへの情報リンクをアプリ内で提供するために、外部リンクアカウント資格を申請できます。”と記載されるようになったのです

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)