iFixitの分解は、報告されたStudio Display のWebカメラ問題がハードウェアではなくソフトウェアに起因していることを示唆

iFixitの分解は、報告されたStudio Display のWebカメラ問題がハードウェアではなくソフトウェアに起因していることを示唆

最初のStudio Displayの分解で、修理サイトのiFixitは、カメラのハードウェアにひどい問題はないと結論付けました

これは、Appleが実際にソフトウェアでカメラのパフォーマンスを修正できるはずであることを示しているので朗報です

AppleのStudioDisplayを分解

Appleが3月に発売した1,599ドルのLCDパネル付き外付けモニターは、ProMotionを搭載しておらず、レビュアーは内蔵されたWwbカメラを酷評しています、低照度での性能の悪さ、Center Stageの不具合など、様々な問題が指摘されています

Appleは、この不幸な出来事を純粋にソフトウェア側の問題だとし、将来のソフトウェアアップデートによってウェブカメラのパフォーマンスが改善されるはずだと述べています

そして今回、iFixitがStudio Displayを分解してみたところ、ハードウェア的には12MPの内蔵カメラに何の問題もないという結論に達し、これは、AppleがStudio Displayのファームウェアをアップデートするだけで、この問題を簡単に解決できる可能性があることを示しています

カメラの詳細な検査では、センサーはiPhone 11シリーズの自撮りカメラとほぼ同じセンサーが確認されました、Studio DisplayにはiPhone 11のA13 Bionicチップが搭載されており、コンピュテーショナルフォトグラフィ処理などに対応しています

スポンサーリンク

これは…iMac?

内部構造だけを見れば、Studio DisplayはiMacと見間違うかもしれません、内部を見ると、Studio Displayはまるで本物のデスクトップパソコンのようです

Studio Display Camera 002

iFixitは、Studio Displayのパネルが5K iMacのディスプレイとまったく同じものであることを確認しました

iFixitのビデオでは、iPhone 11を駆動するのと同じエンジンであるA13 Bionicチップと64GBのストレージを搭載したロジックボードがはっきりと映し出されています

なぜこんなに分厚いのか?

Appleのデザインの真髄ともいえる27インチStudio Displayは、厚さ30.5mmです

これは素晴らしい技術ですが、M1 iMacの厚さが11.5mmであることと比較すると、倍以上の厚さなのがわかります

では、なぜStudio Displayは50%以上も厚い筐体になってしまったのでしょうか?、まず、Studio DisplayにはiMacの顎がないため、すべての電子機器を収納することができません

スポンサーリンク


それだけでなく、Appleが欲していたのは明らかに、内部に電源モジュールを詰め込もうということでした、これを実現する唯一の方法は、Studio Display全体を厚くして内部に余分なスペースを作ることでした

iFixitは、この電源が”めちゃくちゃ薄い”ことを発見しました、これに対してM1 iMacは、外付けの電源アダプタにイーサネットポートを内蔵しており、当然ながら薄型化も可能です

修理の評価

iFixitはスピーカーに感心しましたが、スピーカーシステム全体が大量の接着剤で固定されているため、取り外しや分解が必要以上に難しくなると指摘しています

iFixitはこれまでに、記事のトップにある最初のティアダウンビデオで初期の印象を共有しています

(Via iDownloadblog.B











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)