Apple、第3世代の「iPhone SE」を2022年第1四半期に発売するとの噂

Apple、第3世代の「iPhone SE」を2022年第1四半期に発売するとの噂

TrendForceの最新調査によると、今年後半のスマートフォン市場は、Eコマースのプロモーション活動のピークシーズンと、東南アジアなどでのCOVID-19のアウトブレイクの緩和により、需要が改善しています

しかし、4G SoC、ローエンドの5G SoC、ディスプレイパネルドライバICなどの部品不足が深刻化しており、スマートフォンのブランドが下期のデバイス生産を増やすことが難しくなっています

2021年第3四半期のスマートフォン生産台数は、前四半期比5.7%増の約3億2,500万台となりました、しかし、前四半期比でのスマートフォン生産台数の増加は、前年同期比での増加には及ばないだけでなく、パンデミックが発生する前の2019年第3四半期や2019年第3四半期と比較しても低調な結果となっています

また、2021年全体の生産台数については、TrendForceは、前年同期比6.5%増の13億3,500万台に下方修正しました

前回予想は13億4,500万個、前年成長率は7.3%でした、今回の下方修正は、主に部品ギャップによるデバイス生産への影響を反映したものです

スポンサーリンク


今後、スマートフォン市場では、パンデミックによって需要がさらに弱まるかどうかが重要な観察ポイントとなります、また、今後のスマートフォン需要に影響を与えるその他の重要な変数としては、地政学的緊張、ファウンドリー市場における生産能力の配分、世界的なインフレ圧力などが挙げられます

Appleは、2021年第3四半期にiPhone 13シリーズの新製品4機種を発売しました、これらの機種の貢献により、当四半期のiPhoneの総生産台数は前四半期比22.6%増の5,150万台となりました

この結果により、Appleはグローバルランキングでも2位に浮上しました

製品開発については、第3世代の「iPhone SE」を2022年第1四半期に、新シリーズの4機種を2022年下期に発売する計画を維持しています

第3世代のiPhone SEは、ミッドレンジの5Gスマートフォンの市場でアップルが存在感を示すための主要な手段となることが期待されています、2022年の生産台数は2,500万台から3,000万台と予測されています

(Via TrendForcehttps://www.trendforce.com/presscenter/news/20211130-11032.html.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)