11月30日に上昇した唯一のハイテク株がApple(AAPL)だった理由

11月30日に上昇した唯一のハイテク株がApple(AAPL)だった理由

11月30日(現地時間)に上昇したIT株はAppleだけで、他の株はオミクロンのCOVID-19変異株への懸念から下落し、Apple(AAPL)は前日から3.16%増で取引を終えました

これは投資家が市場の不確実性の中でAppleを安全な避難所と見ていることを示しています

CNBCによると、Google、Amazon、Meta (以前のFacebook) 、Microsoftなどの大型IT株は、より広範な急落の中、その日の取引を終えました

米連邦準備理事会のパウエル議長が12月の会合で債券買い入れ縮小の加速について協議すると述べたのを受け、ダウ工業株30種平均は651ポイント、ナスダック指数は1.6%、S&P 500は約1.9%下落しました

NeedhamのアナリストLaura Martin氏がCNBCに語ったところによると、投資家がAppleに目を向けたのは、同社が驚異的なキャッシュフローを有しており、景気減速に耐え、価格下落を利用できるからだと述べています

スポンサーリンク


Martin氏は、「嵐を乗り切り、破産せず、経済的苦痛を感じないことがわかっている企業には、質への逃避があります」と述べ、他の大型株は中小企業ほど下落していません

Martin氏は、Appleはヘッドセットなど、新たな成長を支える新製品を発表する準備が整っていると付け加えています

同氏は、Appleの現行製品、特にiPhone Proモデルの売れ行きが好調で、同社の12月の四半期が大きくなる可能性を示唆しています、Appleは10月に、供給に制約があるにもかかわらず、会計年度第1四半期の売上高が昨年の1,114億ドルを上回り、記録的な売上高になると発表しました

「製品の売れ行きについては、小売店から実に多くの良い数字が出ています。タブレット端末、特にハイエンドのiPhone、これらすべてが、今年の第4四半期に高い利益率と高い収益をもたらすことを示しています」とMartin氏は述べています

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)