Appleは10年後にiPhoneをARに置き換える計画

Appleは10年後にiPhoneをARに置き換える計画

アナリストであるMing-Chi Kuo氏は、Appleは2022年に新しいARヘッドセットを発売すると述べていますが、それと同時に、iPhoneの寿命はさらに10年にも及び、AppleはiPhoneをARに置き換えていくだろうと予測しています

アナリストがiPhoneの終焉を論じているのは今が初めてでもなく、彼らだけではありません、Appleが「ハードウェア」と「ソフトウェア」の製品の中に「サービス」を追加する戦略にシフトしてから2年が経ちました

Appleはこれまでで最も価値の高い会社ですが、CEOのTim Cookは、企業が1つの製品にこれほど頼ることはできないことを認識しており、今日現在、同社の売上の半分は依然としてiPhoneが占めています

そのことを念頭に置いて、アナリストMing-Chi Kuo氏は、Appleの未来は拡張現実とAppleのARヘッドセットの成功に結びついていると考えています

スポンサーリンク


長らく噂されてきたこのApple ARヘッドセットが第一世代ではiPhoneなしで動作するかどうかは不明ですが、これが製品の成功を表す可能性があるので、Kuo氏は動作すると考えています

同氏はまた、Appleが本当に10年以内に 「iPhone」 に取って代わるARを望んでいるのかどうかを判断しなければならない大きな変化についてもコメントしています

同氏は、この製品が特定のアプリではなく、幅広いアプリケーションと連携する必要があるだけでなく、同社は10年以内に少なくとも10億台のARデバイスを販売しなければならないと書いています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)