macOS MontereyでのFaceTimeの新しいエフェクトとマイクモード

macOS MontereyでのFaceTimeの新しいエフェクトとマイクモード

macOS MontereyではFaceTimeが進化しています

2018年以降のMacモデルでは、空間オーディオによって友達の声が同じ部屋にいるように聞こえ、友達の声が空間内で広がり、それぞれが画面上に配置されている方向から聞こえるようになります

M1シリーズのMacに限定されますが、ビデオエフェクトのポートレートモードが利用できるようになりました

ポートレートモード

これは単にカメラの焦点を変更するだけではなく、Appleの組み込みカメラの機能ではないように見えます、ポートレートモードはリアルタイムの画像認識と処理に基づいています

MacOS Monterey FaceTime 001 jpg

この機能をオンにするには、FaceTimeアプリを起動し、コントロールセンターで有効にします

ポートレートをオフにした上の画像と、オンにした下の画像を見比べてみると、その効果がよくわかります
MacOS Monterey FaceTime 002

MacOS Monterey FaceTime 003

ポートレートが有効な場合、ポートレートはM1 Macの高効率コアのみを使用するので、そのアプリの大部分には影響しません、これらのコアへの負荷は大きいですが、すべてのM1モデルで問題なく対応できます

FaceTime通話中に後ろの本のタイトルを人に読まれたくない場合、お使いのMacにそれをサポートするハードウェアがあれば、簡単にプレビューして有効にすることができます

今後、Appleがどのようなビデオエフェクトを提供するのか、気になるので注意しておきたいです

スポンサーリンク

マイクモードのオプション

新しいマイクモードとして、声を分離とワイドスペクトルの2つがあり、ノーマルに加えて3つのモードを選択することができます

マイクモードはより広く利用できるようになっており、すべてのM1モデルで搭載されているほか、2018年以降に発売されたインテル製モデルでもサポートされているはずです(Appleは2018年以降のMacモデルでといっています)

繰り返しになりますが、これらの機能が利用できるかどうかは、特定のマイクのサポートに依存します、すべての内蔵マイクが含まれているはずです

FaceTimeが接続するまでモードを選択できないことが問題になる可能性があります

アクティブな通話が進行中でない場合でも、コントロールセンターでマイクモードを開くことができますが、別のモードを有効にしようとしても、その段階ではマイクがオンになっていないため機能しません

そのため、電話をかける前にこれを使おうとすると、サポートされていないと思ってしまうかもしれません、これは現在のインターフェースの残念なところです

これらのモードがいつ選択可能になるかは、コントロールの外観から判断できます

MacOS Monterey FaceTime 005

上の画像はは、マイクがオンになっていないときの状態を示しています、マイクのアイコンに斜線がはいっています、下の画像では、マイクがオンになっており、アイコンはオレンジ色で表示され、 「声を分離」が選択されていることがわかります

MacOS Monterey FaceTime 006 jpg

ポートレートモードと同様に、M1シリーズMacでは、関連するオーディオ処理は効率コアで実行され、ビデオ効果よりも影響が少なくなります

この2つの新しいモードのうち、「声の分離」が便利かもしれません、家庭で子供など、周囲で作業している人のバックグラウンドサウンドを減らすだけでなく、FaceTimeを使って複数の人が接続したときに発生する可能性のあるフィードバックエコーを制御できるからです

ワイドスペクトルは、FaceTimeで音楽を作りたいときなどに、グループのサウンドを取り込むことを目的としています

この方法の欠点は、フィードバックのエコーが増幅されて長くなる可能性が高いことです、最初は面白いかもしれませんが直に邪魔になってくると思われます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)