AppleのTim Cook CEO、米国で最も高給取りのエグゼクティブリストで8位にランクダウン

AppleのTim Cook CEO、米国で最も高給取りのエグゼクティブリストで8位にランクダウン

Bloombergによると、Appleの最高経営責任者Tim Cook氏は、前年よりも多くの利益を上げたにもかかわらず、2014年の米国における最高報酬の最高経営責任者および役員のリストで8位にランクダウンしました

Cook氏は2020年に2億6500万ドルの報酬を受け取っており、これは主に株式報酬と前年と同様の賞与から構成されており、米国で8番目に高い報酬を受けています

昨年、Cookの報酬は1億3370万ドルでしたが、TeslaのCEO Elon Muskの5億9530万ドルに次いで2位でした

Fortune Global 500のランキングによると、Cook氏はAppleが今年、売上高2745億1500万ドル、利益574億1100万ドルで世界で最も利益率の高い企業になるまでの成長を導きました

スポンサーリンク


2020年、Cook氏は給与面で、Oak Street HealthのCOO、Palantir TechnologiesのCEO、Opendoor TechnologiesのCEO、GoodRX Holdingsの共同CEOに抜かれました、Elon Muskが66億5800万ドルの報酬で再び圧倒的1位になっています

AppleのリテールおよびPeople Deirdre O’Brien上級副社長と、上級副社長兼ジェネラル・カウンセルのKate Adamsもそれぞれ4,500万ドルで93位と96位にランクインしています

これにより、O’Brien氏とAdams氏は米国で4番目と5番目に高い報酬を得た女性経営者となりました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)