Apple、iMessage、Siri、iCloud Photosで子どもの安全機能を強化

Apple、iMessage、Siri、iCloud Photosで子どもの安全機能を強化

Appleは、オンライン上の子供を保護することを目的とした一連の機能を同社プラットフォーム全体でリリースします

その中には、ユーザーのプライバシーを保護しながら、「iCloud」内の児童虐待情報を検出できるシステムも含まれています

Appleは、児童を捕食者から保護し、児童性的虐待資料 (CSAM) の拡散を制限するのに役立つと述べて、3つの分野にわたる新しい児童安全機能を発表しました

この公式発表は、Appleが同社プラットフォーム上でCSAMを抑制するための何らかのシステムを発表するという報道に続くものです

「Appleの目標は、人々が安全でいられるよう支援しながら、人々を力づけ生活を豊かにする技術を開発することです。」と同社はプレスリリースで述べています

スポンサーリンク


例えば、Appleはメッセージに新しいツールを導入し、子供がオンラインでどのようにコミュニケーションをとっているかについて、親がより多くの情報を得られるようにします

また、iCloud Photosに保存されたCSAMのコレクションを検出するために、暗号技術を活用した新しいシステムを採用し、法執行機関に情報を提供します、また、Appleは、Siriや検索における新しい安全ツールの開発にも取り組んでいます

National Center for Missing & Exploited ChildrenのCEO兼プレジデントであるJohn Clark氏は、「Appleによる子どもたちへの保護の拡大は、ゲームチェンジャーです」と述べています

これら3つの機能はすべてプライバシーにも最適化されており、Appleは法を遵守するユーザーの個人情報を脅かすことなく、犯罪行為に関する情報を当局に提供できるようになっています

新機能は、今秋のiOS 15、iPadOS 15、macOS Montereyでリリースされます

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)