Apple、MacBookの2021年第2四半期の売上高は前年同期比21%増

Apple、MacBookの2021年第2四半期の売上高は前年同期比21%増

Strategy Analyticsの最新レポートによると、2021年第2四半期の世界のノートブックの出荷台数は6,560万台に達し、2020年第2四半期と比較して15%増、2021年第1四半期の6,820万台と比較して-4%減となりました

これは、世界の一部の地域では、多くの市場における不確実性のために、オフィスに戻るか、またはハイブリッドワークシステムを採用する準備をしているためです

Appleは、6月の四半期におけるMacBookの販売台数を記録し、前年同期比21%増の550万台を超えました

商用需要の主な要因は、復職準備中のお客様や、よりモビリティの高い製品へのアップグレード(デスクトップPCからノートブックPCへのアップグレード)でした、下半期には供給の制約が厳しくなることが予想されるため、個人消費の一部はホリデーシーズンに他の場所にシフトせざるを得ないかもしれません

業界アナリストのChirag Upadhyay氏は声明で、「ますます多くのお客様がハイブリッドワークソリューションに移行している中、企業や中小企業はDevice as a ServiceやWork From Homeシステムなどの契約型ソリューションを利用しています。消費者の需要は、OS、エンターテインメント、在宅勤務と遠隔教育のバランスなど、適切なオプションの選択に向けられています。このため、Chromebook、ゲーミング、商用グレードのノートブックの出荷が好調で、全体の出荷台数は、2020年第2四半期に設定された前回の高需要のマークをさらに上回っています」と述べています

スポンサーリンク


Connected ComputingのDirectorであるEric Smith氏は、「コンポーネントの供給問題と新ブランドの市場参入は、すべてのベンダーにとって主要なフォーカスポイントとなるはずです。大手ベンダーによる自然な統合の流れの中で、ニッチなプレーヤーがゲームに参加するためのプレッシャーが増すため、小規模なベンダーが現在の供給制約の中でいかに勢いを維持するかが、長期的にはパフォーマンスに影響を与えるでしょう。しかし、ニッチな顧客が小規模なベンダーに奪われているため、上位ベンダーはマージン面でのリスクに直面しています」と述べています

2021年第2四半期:世界のノートPCベンダー上位5社の市場シェア
Q221 Global Top 5 Notebook

Appleは、6月の四半期にMacBookの販売台数を記録し、前年同期比21%増の550万台以上を達成するなど、非常に好調でした、これは、M1マックブックの人気により、一般消費者と大企業の両方で販売が好調に推移したことによるものです

(Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)