Fortune 500、Appleは今や世界で最も利益率の高い企業です

Fortune 500、Appleは今や世界で最も利益率の高い企業です

Global 500この1年で少し縮小しました

2020年版で33兆3,000億ドルと過去最高を記録した世界の大企業の総売上高は、今年は4.8%減の31兆7,000億ドルで半年ぶりの減少となりました

もちろん、COVID-19の影響で各国が閉鎖され、世界経済の大部分が打撃を受けたことが原因です。とはいえ、グローバル500の規模の大きさは相変わらずです

いずれにしても、Global 500企業の売上高は世界のGDPの1/3以上を占めており、Appleは今や世界で最も利益率の高い企業です、売上高も昨年の12位から6位へとランクアップしました

Appleの売上高は2,745億1500万ドルと報告されており、そのうち574億1100万ドルが利益です

これは、同社の売上高が2,601億7400万ドル、うち552億5600万ドルが利益だったと報じられていた昨年からの緩やかな増加です、Appleの従業員数も1万人増加し、約147,000人に達したとみられています

スポンサーリンク


Fortune 500によると、世界で最も利益率の高い企業はAppleで574億1100万ドル、続いて 492億8700万ドルのSaudi Aramco、470億5300万ドルのSoftBank Group、457億8300万ドルのIndustrial&Commercial Bank of Chinaとなっています

Fortune Global 500 評:

パンデミックは、Apple社に課題とチャンスをもたらしました。Tim Cook CEOは店舗を閉鎖し、エンジニアを帰宅させなければなりませんでした。しかし、世界中のAppleのお客様が自宅で仕事や学習をしていることから、iPadとMacintoshコンピュータの売上は過去最高レベルに急上昇しました。そして、会計年度の売上高も2,750億ドルとなり、過去最高を記録しました。その結果、Appleの株価は急上昇し、2020年には80.7%の上昇を記録した。


その年の終わり頃、規制当局は、iOSのApp Storeに対する権力を乱用しているのではないかと、Apple
に注目しました。10月に下院司法省の反トラスト小委員会が発表した報告書では、AppleがApp Storeで「独占的な力を行使」し、競争を阻害して消費者の価格を引き上げていると結論づけています
一方、Fortniteの開発元であるEpic Games社が提起した反トラスト法に関する訴訟での証言により、Apple社の力を制限するようにという議員への圧力が高まりそうです

(Via Fortune 500.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)