Apple Musicドルビーアトモスとロスレスオーディオで知っておくべきこと

Apple Musicドルビーアトモスとロスレスオーディオで知っておくべきこと

Appleはついに、Apple Musicが加入者に、ドルビーアトモスで空間オーディオを使用して、またはサービスのストリーミング品質を大幅に向上させる新しいロスレスオーディオのフォーマットでトラックを聴く機能を提供することを発表しました

Dolby ATMOS 00001

AppleMusicの加入者なら、これが何を意味するのか、そして機能を利用するためにAirPodsMaxのような豪華なヘッドフォンが必要かどうか疑問に思うかもしれません

AppleMusicのロスレスオーディオとドルビーアトモスについて知っておくべきことです

ドルビーアトモスの音楽とは何なのか?

ドルビーアトモスは、サウンドエンジニアがトラックをミックスして、音楽があなたの周りにあるように聞こえるようにするオーディオ形式です

Dolby ATMOS 00003

空間オーディオを利用しているため、より没入感のあるリスニング体験を提供します

Apple Musicでドルビーアトモスを聴くには何が必要なのか?

iPhone、iPad、Mac、またはAppleTVで最新バージョンのAppleMusicを聴いている人は誰でも、どのヘッドフォンでもドルビーアトモスのトラックを聴くことができます

ただし、利用可能な場合はドルビーアトモスでトラックを自動的に再生するW1またはH1チップを搭載しているのはAppleとBeatsのヘッドフォンだけです

つまり、AirPods、AirPods Pro、AirPods Max、BeatsX、Beats Solo3 Wireless、Beats Studio3、Powerbeats3 Wireless、Beats Flex、Powerbeats Pro、またはBeats SoloProでAppleMusicを聴いている場合、ドルビーアトモスのトラックが自動的に聞こえます

他のすべてのヘッドフォンの場合は、「設定]>「ミュージック」>「オーディオ」に移動してドルビーアトモスのトラックを聞くオプションをオンにし、ドルビーアトモスを「常時オン」に設定する必要があります

内蔵スピーカーでドルビーアトモスを聴くことが出来るデバイス

  • iPhone 7(またはそれ以降)
  • iPad Pro 12.9インチ(第3世代以降)
  • iPad Pro11インチ
  • iPad(第6世代以降)
  • iPad Air(第3世代以降)
  • iPad mini(第5世代)
  • MacBook Pro(2018モデル以降)
  • 24インチ iMac

ドルビーアトモスを機能させるには、上記のすべてのデバイスに最新バージョンのオペレーティングシステムをインストールする必要があります

スポンサーリンク

ヘッドフォンでドルビーアトモスを利用できるのか?

ヘッドフォンのどのペアでもドルビーアトモスを聞くことができます

ただし、特定のヘッドフォンのペアは、ドルビーアトモスのトラックをはるかにうまく処理しますが、手頃な価格のヘッドフォンを使用している場合、これらのヘッドフォンはドルビーアトモスが提供する空間オーディオを利用するように設計されていないため、ドルビーアトモスのエクスペリエンスを実際に得ることはできないでしょう

ドルビーアトモスをサポートするAppleMusicのトラックはいくつあるのか?

Appleは来月のスタートに利用可能なトラックの特定の数を提供していませんが、機能がデビューするときに「数千のトラック」が含まれると言っています

それに加えて、Appleは新しいドルビーアトモストラックを定期的にAppel Musicに追加し、特別なドルビーアトモスプレイリストをまとめて、ドルビーアトモスを利用する複数のジャンルにわたるたくさんの素晴らしい音楽を発見できると述べています

また、アルバムにはAppleMusicのドルビーアトモスバッジが付いているので、ドルビーアトモスが音楽で利用できるかどうかをいつでも知ることができます
Dolby ATMOS 00002

ドルビーアトモスはもっと費用がかかるのか?

ドルビーアトモスのサポートは、標準のAppleMusicサブスクリプションで追加費用なしで利用できます、そのため、個人プランでも家族プランでも、発売時に誰もが新しいドルビーアトモストラックにアクセスできます

スポンサーリンク

Lossless Audioとは何なのか?

Lossless Audioは、データを失うことなく元の曲を圧縮するファイル形式です

AppleMusic LosslessAudio 0523

Appleのロスレスオーディオ形式はAppleLossless Audio Codec(ALAC)として知られており、アーティストがストーリーで作成するものに非常に近い音楽サウンドを作成することを目的としています

Apple Musicのロスレスオーディオとはどのような品質なのか?

ロスレスオーディオにはさまざまあります、CD品質で始まり、44.1kHzで16ビット、48kHzで24ビットまで上がります

さらに優れたサウンドが必要な場合は、Apple Musicに192kHzで最大24ビットのハイレゾロスレスオーディオが搭載されます、高解像度の品質を利用するには、外部のデジタル-アナログコンバーター(DAC)が必要になります

Apple Musicでロスレスオーディオを聴くには何が必要なのか?


ロスレスオーディオにアクセスするには、iPhone、iPad、Mac、またはAppleTVで最新のAppleMusicアプリを使用する必要があります

つまり、iOS 14.6、iPadOS 14.6、macOS 11.4、またはtvOS14.6以降が必要です。

ロスレスオーディオを聴くオプションとして、ALAC形式をサポートできるヘッドホンとリスニング方法が必要です、残念ながら、現時点では、AirPods Maxを含むAirPodsは含まれていません

設定アプリで「設定」>「音楽」>「オーディオ品質」に移動し、セルラー接続またはWi-Fi接続でロスレスとハイレゾロスレスのどちらかを選択して、ロスレスオーディオをオンにする必要がありますが、ハイレゾロスレスには外部DACが必要です

ロスレスオーディオで利用できる曲は何曲か?

スタート時には、2,000万曲がロスレス形式で利用可能になり、7,500万曲のライブラリ全体が年末までにロスレスオーディオで利用可能になります

ロスレスオーディオはもっと費用がかかるのか?

ロスレスオーディオは、標準のAppleMusicサブスクリプションで追加料金なしで利用でき、ファミリープランの場合は、起動時にすべてのメンバーがロスレスオーディオにアクセスできます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)