Apple製品でApple Musicのハイレゾロスレスオーディオを楽しむにはDACが必要です

Apple製品でApple Musicのハイレゾロスレスオーディオを楽しむにはDACが必要です

5月17日に、AppleはApple Musicのロスレスオーディオ再生機能を、6月に加入者に対して提供することを発表しました

待望のオプションにより、ユーザーはこれまで以上に高品質で楽曲をストリーミング出来るようになります

しかしAppleは、Digital Analog ConverterのDACなしでは、最高の音質であるハイレゾリューション・ロスレスをiPhoneで聴くことはできないと、細則に記しています

Pexels kaboompics com 6318

ハイレゾリューション・ロスレスは、AppleがApple Musicに搭載している通常のロスレス・オーディオ再生や空間オーディオ機能と一緒に含まれています

超高品位オーディオは追加料金なしで提供されますが、デジタルアナログコンバータ俗に言うDAC(ダック)を購入する必要があります。これは必ずしも安価ではありません

ロスレス再生とは何なのか?

デジタル音楽は、他のデジタルファイルと同様に、大量の1と0の集合体で構成されています、これらの2進数は、それぞれの曲を再生するために必要な情報を表しており、オーディオプロセッサーがそれを解読することで、ヘッドホンで聴く曲が再生されます

その名前が示すように、ロスレスは圧縮中に重要な情報を失うことのない音楽ファイルを指します、アーティストやプロデューサーがスタジオで意図したのと同じサウンドを聞くことができるように、マスターレコーディングファイルと一致するリスニング体験を提供するというアイデアです

Pexels abet llacer 919734

スポンサーリンク

Appleのロスレスフォーマットとは何なのか?

AppleMusicのLosslessAudioは、AppleのALAC(Apple Lossless Audio Codec)を使用して、元のデータの忠実度を維持します

ALACは2004年から存在していますが、AppleMusicストリーミングサービスではまだ採用されたばかりです、このロスレス圧縮は、44.1kHzで16ビットのCD品質から始まり、48kHzで24ビットに達すします

Apple Musicには「ハイレゾ」というロスレス音源のオプションがあり、ファイルサイズは192kHz/24bitにまでアップします。ハイレゾの領域に到達すると、iPhoneとヘッドフォンだけのシンプルな構成では対応できなくなります

高解像度のロスレスオーディオにDACが必要なのはなぜなのか?

デジタル-アナログコンバーターのDACは、単なるオーディオプロセッサーです

iPhoneなどのAppleデバイスに搭載されている貧弱なサウンドカードの負担を軽減し、オーディオ処理をすべて自分で行うことができます、このデバイスはこのタイプの処理用に特別に設計されているため、ハイレゾ音源のような大量のデータの処理に適しています

DACはワイヤレスヘッドホンのために作られたものではありません、Apple Musicでハイレゾロスレスオーディオを聴くには、有線ヘッドホンが必要です

これは、ワイヤレスヘッドホンがBluetoothテクノロジーを使用しているためです

Bluetoothテクノロジーはオーディオファイルを圧縮する必要があり、Bluetooth5.0は2Mbpsのストリーミングで最大になりますが、ハイレゾロスレスオーディオには9.2Mbpsが必要です


スポンサーリンク


DACはiPhoneなどのAppleデバイスに組み込まれていますが、48kHzで24ビットで最大になるミッドレンジのDACにすぎません

AppleのLightningto 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタにはDACがありますが、ビット深度とサンプルレートが同じであれば限界です

LightningやUSBヘッドフォンにはDACが搭載されているものもありますが、これもハイレゾとの互換性が得られない可能性があります、そのため、より高品質なDACが求められています

ハイレゾロスレスオーディオの再生にはDACが必要ですが、AppleはどのDACを買えばいいのか推奨していません

状況に最適なDAC

iPhone用

FiiO Q3 DSD512」、このDACは、市場に出回っている多くのDACには見られないLightningポート用に作られています

Apple Music Lossless 00001a

つまり、iPhoneにはアダプタは必要ありません。Q3をiPhoneに接続し、ヘッドフォンをDACに接続するだけで、ハイレゾロスレスオーディオを楽しむことが出来ます

このDACは、出力ホイール、低音ブースター、低ゲインまたは高ゲインスイッチャー、シングルエンドおよびバランス型ヘッドフォン出力を備えており、接続されているデバイスのタイプを自動的に判別します

MFi認定を受けています、つまり、Apple製品で使用するために特別に作成されたもので、iOSとiPhoneでうまく機能することがわかります

これはiPadやMacなどのUSB-CAppleデバイスと直接互換性のないLightningデバイスです、これらのデバイスの1つにこれを使用する場合は、「Lightning-to-USB-Cアダプター」が必要です

より手頃な価格

お金を余りかけたくなければ、FiiOはう一つのオプションを持っています「FiiO E10K」です、このDACは旧モデルで、デバイスへの接続にMicro-USB to USBを使用します

Apple Music Lossless 00002

このDACは、FiiO Q3 DSD512ほど多くの機能を備えていませんが、それでも、ハイレゾロスレス Apple Musicファイルを利用するために必要なものがあり、このDACは問題なく動作し、96kHzで最大24ビットのファイルを送り出します

ドングル

DACは素晴らしいですが、少し大きいです。それらはほとんどのバッグ入れることが出来ますが、それでも理想的なポータブルアダプターではありません。そのため、バッグに小さなレンガのようなものを入れずにハイレゾロスレスオーディオを聴くことができるドングルDACである「Maktar Spectra X2」の様なドングルがあります

Apple Music Lossless 00003

このドングルはLightning用に作られているため、iPhoneに直接接続できます、このドングルはiPhoneオーディオファンにとって純粋に便利です、また、最大150オームのヘッドフォンを駆動し、384kHzファイルで32ビットをデコードできます

スポンサーリンク

デスクトップにも使える

Apple Musicのデスクトップユーザーになることがわかっている場合は、「AudioQuest DragonFly」を検討してみてはいかがでしょう

Apple Music Lossless 00004

USBサムドライブのように見え、セットアップの任意のUSB-Aポートに簡単に接続できます、もちろん、USB-C Macをお持ちの場合、またはこのデバイスをiPhoneで使用したい場合は、最適なアダプターです

6kHzで最大24ビットのデコードをサポートし、Apple Music Hi-Res Losslessに最適で、スティックのもう一方の端にヘッドフォンジャックを備えています、USBコネクタを保護するための便利なキャップもあります

余裕があれば

最高の_ポータブルDACが必要な場合は、「Chord Mojo Black DAC」はいかがでしょう?

Apple Music Lossless 00005

このDAC、同時に最大600オームの2つのヘッドフォンに電力を供給することができます

また、DACの最大ファイルサイズ(768 kHzで32ビット)をデコードすることもできます、これはAppleのファイルサイズの上限を超えています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)