Apple、2021年第2四半期決算で売上高896億ドルで過去最高の四半期売上高を発表

Apple、2021年第2四半期決算で売上高896億ドルで過去最高の四半期売上高を発表

Appleは本日、2021年3月27日に終了した2021年度第2四半期の財務状況を発表しました

3月期の売上高は前年同期比54%増の896億ドル、希薄化後の1株当たり四半期利益は1.40ドルとなりました、当四半期の売上高のうち、海外売上高は67%を占めています

AppleのCEOであるTim Cookは、次のように述べています

この四半期は、当社の製品がユーザーの皆様の人生の節目に貢献してきた永続的な方法を反映していると同時に、私たち全員の前途がより良いものになるという、消費者の皆様の楽観的な見方を反映しています。
Appleは今、製品ラインアップ全体に渡って徹底的な革新を行っており、私たちのチームと私たちが働くコミュニティが、このパンデミックからよりよい世界へと抜け出すために、どのように支援できるかに焦点を当てています。
それは、新型iMacやiPad Proのような製品から始まり、8億ワットの新しいクリーンエネルギーの供給や、今後5年間で米国に行う4,300億ドルの投資などの取り組みにまで及びます

AppleのCFOであるLuca Maestriは、次のように述べています

3月期の業績を誇りに思います。各地域セグメントで売上高が過去最高となり、各製品カテゴリーで2桁台の力強い成長を遂げ、アクティブデバイスのインストールベースが過去最高となりました。
これらの結果、当四半期は240億ドルの営業キャッシュフローを生み出し、230億ドル近くを株主の皆様に還元することができました。
当社は将来を確信しており、当社の長期的な計画を支援し、お客様の生活を豊かにするために、引き続き多額の投資を行っていきます

スポンサーリンク


Appleの取締役会は、当社の普通株式1株当たりの現金配当を7%増の0.22ドルとすることを宣言しました、この配当金は、2021年5月10日の営業終了時点で登録されている株主に対して、2021年5月13日に支払われます、また、取締役会は、既存の自社株買い戻しプログラムを900億ドル増額することを承認しました

Appleの2021年度第2四半期の結果

  • 売上高:895億8,400万ドル(対前年同期比58.313ドル
  • EPS:1.40ドル(対前年同期:0.64ドル
  • iPhone:479億3,800万ドル(対前年同期:289億6,200万ドル
  • サービス:169億100万ドル(対前年同期:133億4,800万ドル
  • Mac:91億200万ドル(対前年同期:53億5,100万ドル
  • ウェアラブル・ホーム&アクセサリー収入:78億3,600万ドル(対前年同期:62億8,400万ドル
  • iPad:78億700万ドル(対前年同期:43億6,800万ドル

Appleの決算発表に先立ち、ウォールストリートの予想は以下の通りです(RefinitivおよびFactSetのコンセンサス予想)

  • 売上高:773億6,000万ドル
  • EPS:0.99ドル
  • iPhone:408.0億ドル
  • サービス:155億ドル
  • Mac:69億ドル
  • ウェアラブル・ホーム&アクセサリー:74.5億ドル
  • iPad:57.9億ドル

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)