Apple、iOS 14.5で「Appからのトラッキング要求を許可」がグレー表示される理由を説明

Apple、iOS 14.5で「Appからのトラッキング要求を許可」がグレー表示される理由を説明

今週リリースされたiOS 14.5、iPadOS 14.5、およびtvOS 14.5のソフトウェアアップデートから、ターゲット広告を目的として他社のアプリやウェブサイト上でユーザーの行動を追跡する際、アプリは許可を求めなければならなくなりました

iPhoneおよびiPadでは、「設定」>「プライバシー」>「トラッキング」で、アプリごとにトラッキングの許可を管理することができます、また、すべてのアプリに適用される「Appからのトラッキング要求を許可」の設定もあります

App Tracking Transparency 00001

Appleは新しいサポート文書の中で、”Appに追跡許可を求める “設定がグレーアウトしている状況がいくつかあると述べています

  • お子様用アカウントを使っているユーザまたは 18 歳未満 (生まれ年で計算) のユーザが自分の Apple ID でサインインしている場合
  • お使いの Apple ID が、教育機関によって管理されているか、トラッキングを制限する構成プロファイルを使っている場合
  • お使いの Apple ID が 3 日以内に作成されたものである場合

9to5Macは以前、上記の最初の2つの状況に当てはまらない場合でも、トグルがグレーになっているユーザーがいることを報じており、バグなどが発生している可能性を示唆しています、Appleはまだコメントの要求に応じていません

スポンサーリンク


一部のユーザーは、「パーソナライズド広告」の設定と、「Appからのトラッキング要求を許可」がグレーアウトしているかどうかに相関関係があるのではないかと考えています

Appleによると、「Appからのトラッキング要求を許可」の設定がグレーアウトしているデバイスでは、トラッキングを要求するすべてのアプリはデフォルトで許可が拒否され、デバイスのランダムな広告識別子(IDFA)にアクセスできません

また、このポリシーは技術的なレベルでは施行されていませんが、アプリは、電子メールアドレスなど、お客様やお客様のデバイスを識別する他の情報を使用してお客様の活動を追跡することも許可されていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)