Apple、2020年第4四半期iPadの出荷台数は40%増の1,920万台で引き続き世界のタブレット市場を支配

Apple、2020年第4四半期iPadの出荷台数は40%増の1,920万台で引き続き世界のタブレット市場を支配

Canalysによると、グローバルPC市場(タブレットを含む)が2020年を高水準で終え、第4四半期の出荷台数が前年同期比35%増の1億4,370万台に達し、3四半期連続の年間成長を記録したことから、AppleのiPadが世界のタブレット市場を支配し続けていることがわかりました

その結果、2020年の総出荷台数は17%増の4億5820万台となり、2015年以来の最高台数となりました

iPadの好調を背景に、2位のAppleはLenovoとの差を何とか縮め、第4四半期には2,640万台のMacとiPadを出荷し、通年では8,140万台を出荷しました、HP、Dell、Samsungが残りのトップ5を占め、それぞれが2020年第4四半期に2桁の出荷増を記録しました

Appleはタブレット市場での優位性をさらに高め、第4四半期の出荷台数は40%増の1,920万台となり、2014年第4四半期以降で最高のiPadの業績を記録しました

Samsung は、2019年第4四半期から41%増の990万台のタブレット出荷で、市場では遠い2位を維持しています、Amazonはホリデーシーズンの強い需要を背景に3位に上昇し、650万台のタブレットを出荷し、Lenovoは第4四半期に最も急成長したベンダーで、125%増の560万台に達した。上位5社の中で、前年同期比で出荷台数が減少したのはHuaweiだけでした

スポンサーリンク


2020Q4 PC 00001
2020Q4 PC 00002
スポンサーリンク


Canalysのアナリスト、Ishan Dutt氏は声明で次のように述べています

タブレットによる成長の勢いは、現代においてコンピューティング・パワーへの容易なアクセスがいかに重要になっているかを示しています
タブレットは、さまざまなフォーム・ファクターや価格帯だけでなく、接続性のオプションにも対応しているため、eラーニングやコンテンツ消費のためのシンプルなスレートから、自宅で過ごす時間の割合が増えている生産性の高いユーザー向けの高性能なデタッチャブルまで、さまざまなユースケースに対応する理想的なデバイスとなっています

2020Q4 PC 00003
2020Q4 PC 00004











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)