Apple、「視覚補正付きヘッドマウントディスプレイデバイス」 の特許を取得

Apple、「視覚補正付きヘッドマウントディスプレイデバイス」 の特許を取得

Appleは、メガネをかけなければならない人のために、処方レンズを装着できる「Apple Glasses」をほのめかす「視力矯正機能付きヘッドマウントディスプレイデバイス」の特許(特許番号20200174284)を取得しました

特許データの中でアップルは、バーチャルリアリティメガネや拡張現実メガネなどのヘッドマウントデバイスは、ディスプレイを使って画像を生成し、レンズを使って画像をユーザーの目に提示するものだと指摘しています

しかし、Appleは、注意を払わないと、ヘッドマウント型デバイスは面倒で装着に疲れてしまう可能性があると指摘しています

Head mounted display 00001 z

ヘッドマウントデバイス用の光学システムは、かさばるし重いし、十分な調整ができないかもしれません

この種の光学システムを搭載したヘッドマウントデバイスを長時間使用すると、特にメガネの上から装着しようとすると不快になるかもしれません、Appleはこれを変えたいと考えています

スポンサーリンク


Appleによる発明の概要は次のとおりです

ヘッドマウントディスプレイは、ハウジング内にディスプレイシステムと光学システムを含むことができる。ディスプレイシステムは、画像を生成するディスプレイを有することができる。ポジショナを使用して、ユーザの眼の位置に対してディスプレイを移動させることができる。調節可能な光学系は、調節可能な円筒形液晶レンズのような調節可能なレンズを含むことができる。ディスプレイは、ユーザの目が目の位置にあるときにレンズを通して見ることができる

センサをヘッドマウントディスプレイに組み込んで、ユーザの目の屈折誤差を測定してもよい。センサは、導波路と体積ホログラムと、ユーザの目の網膜から反射された光を集めるためのカメラとを含むことができる。見やすさは、目の位置に対する表示位置を調整することによって、および/または、表示上に提示されている内容および/または測定された屈折誤差に基づいてレンズ設定を調整することによって、強化される

Apple Glassesに関して言えば、噂では来年か2022年に登場すると言われています

ヘッドマウントディスプレイ、または、「通常の」メガネのようなデザインがあるかもしれません、または、両方で利用できる場合があります。

Apple Glassesは、機能するためにiPhoneにテザリングする必要がある場合とない場合があります

他の噂によると、Apple GlassesはカスタムビルドのAppleチップと、「現実のオペレーティングシステム」を表す「rOS」と呼ばれる専用のオペレーティングシステムを持つことができると言われています

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)