Apple、「サマーキャンプ 」の受付は2019年7月10日開始で、4つのプログラム

Apple、「サマーキャンプ 」の受付は2019年7月10日開始で、4つのプログラム

サマーキャンプ

Appleの、8歳から12歳までの子供たちを対象にした「サマーキャンプ」の申込開始が2019年7月10日と発表になっています

通知メールを登録していれば、開始になればメールが届きます
Summer Camp 00001 z

スポンサーリンク


米国ではプログラムが既に発表になっています、今年は以下の4プログラムです

  • GarageBandで独自の曲を作成する
  • この3日間のセッションでは、8歳から12歳の子供たちが自分の曲を作る方法を探求します


    彼らはリズムの基本を学び、ビートを作る練習をし、スマートインスツルメンツで実験して、iPad用のGarageBandでメロディーを作成します


    最終日には、キャンパーズはグループと自分の歌を共有することで、彼らの新しいスキルを祝います

  • iPadで夢の公園をデザインする
  • この3日間のセッションでは、8歳から12歳の子供たちが、地域社会の公園を想像するデザインスキルを学びます


    彼らはインスピレーションを集め、材料、色、テクスチャの写真を撮るために短い散歩に行きます、その後、彼らは生き生きと自分のデザインを活気づけるために、Apple PencilとiPadを使用してProcreateアプリで自分のアイデアをスケッチします


    最終日には、彼らはグループに彼らの公園を提示します

  • コーディングの基礎とプログラミングロボット
  • この3日間のセッションでは、8〜12歳の子供がSpheroロボットのコーディング方法を学ぶための楽しいアクティビティを探ります


    コマンド、ループ、関数などの基本的なコーディングから始め、次にiPad用のSphero Eduアプリを使用してコードブロックを使用してプログラムを作成します


    最終日には、キャンパーズはSpheroが主演する自分たちの物語を伝えるためにライト、サウンド、そしてアニメーションをプログラムします

  • クリップとiMovieで自分のムービーを演出する
  • この3日間のセッションでは、8歳から12歳の子供たちがiPadを使って楽しいビデオ映像を作成する方法を見つけ出します


    Clips アプリでカメラショットを試してみたり、Keynoteの絵コンテでアイデアを描いたりするといった映画制作の基本から始めます


    最終日には、iMovieを使って魅惑的な映画の予告編を作るために自分のスキルを応用し、彼らの作品を祝います











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)