iPad、2018年Q4でのタブレットマーケットシェアは前年同期比 10%増

iPad、2018年Q4でのタブレットマーケットシェアは前年同期比 10%増

2018年Q4タブレット販売数は1%減

Strategy Analyticsの最新の調査によると、2018年第4四半期に世界のタブレットマーケットの出荷台数が1%縮小し、2018年は年間で6%減の1億7,380万台となっています

タブレットマーケットは、2018年にいくつかの大手ベンダが強化し、弱小ベンダーからマーケットシェアを奪い取り、一部の撤退を余儀なくさせマーケット全体を統合しているため、タブレットマーケットは回復の途上にあるかもしれません

折りたたみ式のタブレット/携帯電話が登場したのと同じように、ベンダーがより広範囲のコンピューティングニーズに対応しているため、タブレット価格の低下とより細分化された取り外し可能な2-in-1のマーケットがこの回復につながっています

スポンサーリンク

iPadは前年同期比 10%増

Apple iOSの出荷台数は、2018年第4四半期に前年同期比10%増の1,450万台となり、世界でのタブレットマーケットシェアを26%に押し上げ2桁成長することで、Appleは前年比でマーケットシェアを2%押し上げました
Global Tablet2018Q4 00001
Global Tablet2018Q4 00002
Appleは、より安価なiPadを娯楽用に提供しながら、iPad Proで生産性を高めるためにコンピューティングマーケットを作り直そうとしています

その製品ラインは、最新製品の発売によりiPad Proに傾いており、販売平均価格を2017年の445ドルから今四半期は463ドルにアップさせています

一方、Androidの出荷台数は、2018年第4四半期に全世界で3,290万台に減少し、前年同期の3,490万台から6%減少しました

多くのブランドのAndroidベンダーが、AppleがiPadの価格を引き下げたことを理由に価格競争することは非常に困難であると考えているため、マーケットシェアは前年同期比3%低下して60%となっています
Global Tablet2018Q4 00003
Global Tablet2018Q4 00004

(Via Strategy Analytics.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)