FaceTimeの盗聴バグを修正したiOS 12.1.4アップデートは間もなくリリースか

FaceTimeの盗聴バグを修正したiOS 12.1.4アップデートは間もなくリリースか

Analyticsで確認される

1月29日にFaceTimeのバグで着信を受ける前に相手の声が聞こえる問題を報告しましたが、MacRumorsによると翌1月30日にはiOS 12.1.4アップデートを実行しているデバイスからの一握りの訪問を見始めたと報告しています
FaceTime bug update 00001
MacRumorsはこの問題に対するソフトウェアの修正は「今週後半」になるだろうと述べたが、今週も残り少なくなってきています、本日未だリリースされていないので金曜日(日本では土曜日)の朝にもリリースされる可能性があります

スポンサーリンク


FaceTimeの盗聴バグにより、iPhoneユーザーはプライバシーを侵害するGroup FaceTimeの脆弱性を悪用して、ある人が別の人と連絡を取り合って会話を聞くことができます

AppleはGroup FaceTimeサーバー側を無効にして機能を利用できないままにすることでFaceTimeバグを止めています

このバグを最初に発見した10代の母親は、1月20日という早い時期にCupertinoに連絡したという説得力のある証拠を公開しています

Appleの適切なチームがそのバグについて知ったときと、修正作業がいつ開始されたかは明確ではありません、1月29日以前は、分析データにiOS 12.1.4の兆候は見られませんでしたが、Appleがそれよりも早い時期に修正に取り組んでいた可能性があります

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)