Apple SVP Retail、Angela Ahrendts氏がApple Retailについて教えてくれた12のこと

Apple SVP Retail、Angela Ahrendts氏がApple Retailについて教えてくれた12のこと

AppleのSVP Retail、Angela Ahrendts氏は、Vogue Businessとの綿密なインタビューで、小売業界の将来についていくつかの洞察に満ちた考えを伝えました

Apple retailについて学んだ12のこと

  • Steve Jobs氏が2000年にアップルの小売店を立ち上げたとき、彼はチームに言いました「あなたの仕事は売ることではなく、あなたの仕事は常に教育のレンズを通して彼らの生活を豊かにすることです」
  • 「店舗は、二次元の箱だけでなく、生き生きとした空間になる必要があります」とAngela Ahrendts氏は言います
  • Apple Retailでは、7万人が506の店舗で働いています
  • Apple はフルタイムのスタッフの約 90% を雇用しています
  • Appleはより少ない小売店をオープンしています、しかし開店する店舗は大きい
  • Appleの小売店には、iPhone上のApple Storeアプリに接続する場所を意識したビーコンがたくさんあります、確認すると、挨拶を受けレジを使わずに購入した金額の支払いができるはずです
  • AppleのToday at Appleシリーズのコースは拡大し、すでに毎週21カ国で何千ものイベントが開催されます
  • SVP Retail 00001

    スポンサーリンク

  • Appleには、小売スタッフ向けのソーシャルネットワークがあります、「Loop」と呼ばれ、ビデオと自動翻訳が含まれており、スタッフはお互いに知っていることを共有できます。それは非常に成功したツールです
  • 店舗スタッフは「Hello」と呼ばれるアプリを持っていて、これは、1日のうち最も重要な情報を簡単に説明するものです
  • Apple Retail Storeで最も売れている製品は、iPhoneではなくMacです
  • Appleは単に売り上げに基づいて店舗の業績を測定するのではなく、Appleの店舗が自社ブランドに与える影響を重視しています
  • 小売業者は彼らのアプローチを再考しなければなりません、それは店やアプリの収益性のような一回限りの概念についてではなく、顧客とブランドの間の関係を築くことについてで、これがApple製品販売が長期的な顧客関係の構築に注力している理由です

(Via Vogue Business.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)