AppleはFaceTimeを停止してプライバシーに関するバグの修正を行っています

AppleはFaceTimeを停止してプライバシーに関するバグの修正を行っています

FaceTimeのバグ

今朝お伝えしましたが、Appleはプライバシーに関するバグの修正を行うために一時的にFaceTimeサービスを停止しています、こらは「システム状況」で確認することが出来ます
FaceTime bug 00003
日本時間の本日12時16分より停止しており現在も進行中で、以下の説明となっています

上記のサービスに関する問題が発生しています。現在、問題の原因を究明中です。新しい情報が入り次第、状況を更新します。

スポンサーリンク


根本的な問題に対する修正は現在進行中ですが、同社は解決策に関するタイムラインを提供していません

サービスが停止しているので利用することは出来ませんが

iPhoneとiPadの機能を無効にするには

  • 「設定」>「Facetime」を選択します
  • スイッチをスライドしてグレーにする事で無効に出来ます

MacでFaceTimeを無効にするには

  • FaceTimeアプリを起動します
  • メニューの「FaceTime」>「FaceTimeをオフにする」を選択します

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)