Apple、2019年第1四半期の業績を発表、EPSは過去最高の4.18ドル

Apple、2019年第1四半期の業績を発表、EPSは過去最高の4.18ドル

2019年第1四半期

Appleは本日、2018年12月29日に終了した2019年度第1四半期の決算を発表しました

同社の四半期売上高は843億ドル、前年同期比5%減、希薄化後1株当たり四半期純利益は4.18ドル(7.5%増)、海外売上高は、当四半期の売上高の62%を占めました

iPhoneからの収益は前年比で15%減少したが、他のすべての製品およびサービスからの総収益は19%増加しました

サービス収入は、過去最高の109億ドルに達し、前年比19%増でした

MacとWearables、HomeとAccessoriesからの収益も史上最高値に達し、それぞれ9%と33%の成長を遂げ、iPad®からの収益も17%成長しました

Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は、声明の中で次のように述べています

当社の収益の見通しを見逃していたのは残念だったが、長期にわたってAppleを管理している
当社の積極的に設置された装置ベースは、第1四半期に過去最高の14億に達し、それぞれの地域で成長しました。お客様の満足と忠誠心を証明するものであり、急成長を遂げている大規模なエコシステムのおかげで、サービス事業は新たな記録を獲得しています

スポンサーリンク

セグメント別収益

  • iPhone:519.82億ドル、前年同期は 611.04億ドル
  • Mac:74.16億ドル、前年同期は 68.24億ドル
  • iPad:67.29億ドル、前年同期は 57.55億ドル
  • ウェアラブル、Homeおよび付属品:73.08億ドル、前年同期は 54.81億ドル
  • サービス:108.75億ドル、前年同期は 91.29億ドル

純売上高合計:843.10億ドル、前年同期は 882.93億ドル

Appleの最高財務責任者(CFO)であるLuca Maestri氏は、声明の中で次のように述べています

当四半期中に、配当と自社株買いを通じて、130億ドル以上を投資家に還元しました。当四半期末における当社の純現金残高は1,300億ドルであり、当社は経時的に純現金中立的ポジションを引き続き目標としている

2019年第2四半期のガイダンス

  • 売上高550億ドル ~ 590億ドルまで
  • 売上総利益率37% ~ 38%まで
  • 営業費用85億ドル ~ 86億ドルまで
  • その他の収益/(費用)3億ドルまで
  • 税率約17%

(Via Apple.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)