Apple、FaceTimeのバグで着信を受ける前に相手の声が聞こえる

Apple、FaceTimeのバグで着信を受ける前に相手の声が聞こえる

重大なバグが発見

FaceTimeのバグが発見されSNSで拡散しています

このバグとは、FaceTimeで着信許可や着信拒否する前に相手の声が聞こえます、逆に言うと自分がFaceTimeで発信した時相手側が着信許可や拒否する前に相手に声が聞こえてしまいます

本質的に誰でも聴くことが出来るため、プライバシーの問題が起こります

9to5Macのテストでは、FaceTimeのバグをiPhone XがiPhone XRを呼び出すことで再現していますが、iOS 12.1以降を実行しているiOSデバイスの同士で影響がでると考えられています

iPhoneのFaceTimeバグを修正する方法

  • iPhoneの連絡先からFaceTime Video通話を開始します
  • 電話をかけている間に、画面の下部から上にスワイプして「参加者を追加」をタップします
  • 「個人の追加」画面に自分の電話番号を追加します
  • その後、自分自身と最初に電話をかけた相手の音声を含むグループFaceTime電話を開始します

他の人がグループチャットに参加したのと同じUIに表示されますが、実際のデバイスではロック画面上でまだ鳴っています
FaceTime bug 00001a

スポンサーリンク


Appleがバグを修正するまでは、FaceTimeを無効にすること以外に、この攻撃から身を守る方法は明確になっていません

また、iPhoneがMacを呼び出す場合での問題も同様です、デフォルトで MacはiPhoneよりも呼び出しに時間がかかるので、さらに長い時間のバグとなる可能性があります

iPhoneのFaceTimeのバグがサーバー側で修正できるのか、それともAppleがソフトウェアアップデートをする必要があるのか​​は解っていません

(Via 9to5Mac.)

追記

BuzzFeedによると、「Appleの広報担当者は、同社は「この問題を認識しており、今週末にソフトウェアアップデートでリリースされる修正を確認している」と語っています










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)