ドイツの裁判所はQualcommのAppleに対する特許訴訟を棄却

ドイツの裁判所はQualcommのAppleに対する特許訴訟を棄却

特許訴訟を棄却

Reutersによると、マンハイム市の地方裁判所は、Qualcommの訴訟を最初の口頭での判決で根拠のないものとして棄却し、当該特許はAppleのスマートフォンへのチップの搭載に違反していないと述べました

これに対し、Qualcommエグゼクティブバイスプレジデント兼法務顧問のDon Rosenberg氏は「我々はマンハイム裁判所の決定に異議を唱え、控訴する予定であるが、我々は世界的にAppleに対する(知的財産)権利を執行し続けるであろう」と述べました

ミュンヘンでの12月20日の判決に、Appleは当時、ミュンヘンの上訴に関する決定は未解決であるが、ドイツの15の小売店でiPhone 7と8をもはや在庫していないと発表しました

スポンサーリンク


ドイツのApple大手再販業者Gravisは、火曜日にもiPhoneの全製品を取り揃えていると語りました

ドイツの命令とは別に、Qualcommはまた、中国での一部のiPhoneの販売禁止を確保しました、 Appleもその判決に異議を唱えており、中国でもiPhoneの提供を続けてきたが、注文に従ってiOSオペレーティングシステムに変更を加えました

一方、Qualcommは、連邦取引委員会が提起した米国の反トラスト訴訟に直面しており、スマートフォン業界に重大な影響を及ぼす可能性がある裁判でモバイルチップ技術を独占していると非難されています

政府が1月4日に始まった裁判で勝訴した場合、QualcommはAppleのようなデバイスメーカーに大量の特許をライセンスするための慣行を変更することを余儀なくされる可能性があります

FTCの訴訟はQualcommに対しても同様の主張をしているため、AppleはFTCの訴訟を注意深く見守っています

(Via Reuters.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)