Apple、2019年モデルのiPhoneに 5G LTEモデム採用の可能性がある

Apple、2019年モデルのiPhoneに 5G LTEモデム採用の可能性がある

AppleのiPhoneは2020年モデルまで5G LTEモデムを採用しないのではないかとの複数の噂がありました

2019年モデルに採用か?

ロイターによると、Appleのサプライチェーン担当エグゼクティブTony Blevins氏は、2019年のiPhoneラインナップで使用するために、Samsung、MediaTek、Intelなどの企業から5G LTEモデムを購入することを検討していると述べたと報告されています

Qualcommは、2011年から2016年までの期間におけるアップルのiPhoneモデムの唯一のサプライヤであり、その独占権は2016年にiPhone 7の発売とともに終了しました

Blevins氏によると、AppleがQualcommチップのみを使用していた時代に、Appleは他社からのチップも使用したいと考えていたが、QualcommはAppleの多様化を阻止するために特許ライセンスの払い戻しを提供しました

2016年と2017年にAppleがついに複数のモデムサプライヤに交代した後、Qualcommとの法的な混乱は両社間の関係に「非常に深く否定的な形で」影響を与え、AppleはIntelチップのみを使用するようになりました

スポンサーリンク

Appleは複数の企業との協力を望む

Blevins氏は、「Appleは2番目のモデムサプライヤを確保するために”Project Antique”を開始しました、”Project Antique”の全体的なコンセプトは、2番目のサプライヤを見つけることでした」と述べています

同氏は、GalaxyとNoteデバイスがiPhoneと競合するSamsungと話すことはAppleにとって理想的な環境ではないが、Samsungは現在Appleの最大のコンポーネントサプライヤであると語りました

しかしながら Blevins氏は、Appleが 5G LTEモデムサプライヤに関する決定に達したかどうか、あるいは2019年に5G iPhoneを発売するかどうかについては述べていません

(Source Reuters , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)