AppleのApp Store、ブラック・フライデーの売上高は、全世界で1億6,930万ドルで記録を樹立

AppleのApp Store、ブラック・フライデーの売上高は、全世界で1億6,930万ドルで記録を樹立

米国では昨対31.6%増

米国の消費者はこの ブラック・フライデーでAppleのApp Storeに5,200万ドルを費やし、App Storeの新しい1日の収益記録を書き換えました

Sensor Tower Store Intelligenceのデータによると、これは、昨年の ブラック・フライデーに比べて、店舗の総収入が3,950万ドルで、31.6%増加となりました

ブラック・フライデーで米国外のApp Storeユーザーから約1億1,730万ドルで、2017年から18.4%増加して1億6,930万ドルとなりました

米国外での支出は前年比13.9%で、これは米国中心の ブラック・フライデーですが、 ブラック・フライデー効果と言えます

米国における ブラック・フライデーの成長率は、2016年から2017年の29.2%の増加率と比較して、2017年から2018年の31.6%で僅かですが大きな成長率でした
Black Friday 00001
米国App Storeに費やした5,200万ドルは、Googleプレイヤーユーザーが同じ日に費やしたと見積もった2,390万ドルの2倍以上でした

合計は 7,590万ドルで、米国内の両店舗で一日に費やされた記録を樹立しています

スポンサーリンク

モバイルゲームが牽引するも、他も成長

App Storeの ブラック・フライデーにおける、すべての収益の68%はモバイルゲームによって支えられていました

ブラック・フライデーでの米国の消費者は、モバイルゲームで前週の金曜日より週63%増の3,540万ドル近くを費やしました、この急激な変化は、主に米国内での年間最大のショッピング日に合わせて、ゲームメーカーが提供するApp内課金でのアプリ内購入と特別バンドルの割引によって促進されました

App Storeの他のアプリカテゴリの中には、前週の金曜日に比べて、食品飲料とスポーツがそれぞれ34%と49%と大幅に増加しています

これらのカテゴリのトップアプリには、NYT CookingとESPN:Live Sports and Scoresが含まれていました
休日の週末に食事やエンターテイメントを求めていたため、 ブラック・フライデーで購入したAppleギフトカードを利用したことは間違いありません

サイバー・マンデーの影響は大きくなかった

ブラック・フライデーと比較すると、今年のサイバー・マンデーは、前週の月曜日と比較して米国の売上高が約20%増加し、3,700万ドルで同じ週の成長率を達成していないことがわかっています

(Via Sensor Tower.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)