AirDropでの「サイバーフラッシュ」がニューヨークでは違法となる可能性が、自己防衛の方法は

AirDropでの「サイバーフラッシュ」がニューヨークでは違法となる可能性が、自己防衛の方法は

法案が提出される

ニューヨーク市議会に提出された法案は、「サイバー・フラッシュ」の問題の増大やAppleのAirDropのようなファイル共有技術を通じて、見知らぬ人にわいせつな画像を送信する行為に取り組んでいます

iPhoneの人気とAirDropの動作のおかげで、Apple製品は実施のための主要な候補です、ワイヤレスプロトコルは、2つのサポートする iOS または Mac デバイス間で迅速に接続し、コンテンツを移動するように設計されています

他のシステムとは異なり、AirDropは受信した写真やビデオのプレビューを表示し、ユーザはそれを受け入れたり拒否したりすることができます、サイバーフラッシャーは自動プレビュー機能を利用して、犠牲者に不適切な素材を提示します

さらに、AirDropでは、デバイスがユーザー定義の名前で識別されるため、ユーザーはファイルを匿名で送信できます
たとえば、iOSユーザーは、オペレーティングシステムの「設定」メニューで簡単にデバイス名を変更できます

AirDropはデフォルトでユーザーの連絡先リストに制限されていますが、近くのすべてのデバイスとの接続を許可するように機能を構成でき、変更が行われると、検出可能な設定が保存されます

つまり、デバイスは永久に「受信オフ」、「連絡先のみ」、または「すべてのユーザー」の3つのオプションのいずれかに設定されます

確かに現代的なセクシャルハラスメントであるサイバーフラッシュは、電車やバスのような人口の多い場所で行われ、人々はしばしばモバイルデバイスのスクリーンにくぎ付けされます

特定の地域にいるユーザーの数が多いほど、匿名のままでいる加害者のターゲットが増えます

法案が成立すると「嫌がらせ、性的暴​​行、嫌がらせまたは警告をする相手に性的に露骨な映像や画像を送る」ことを違法とし、懲役1年の刑または1,000ドルの罰金で処罰されます

スポンサーリンク

対応策

ユーザーは「設定」>「AirDrop」で「連絡先のみ」にすることで、サイバー・フラッシュの犠牲者から身を守ることができます
Cyber AirDrop 00002a z

コントロールセンターからでも

  1. iPhone X 以降では、画面の右上隅から下にスワイプしてコントロールセンターを開きます、iPhone 8 以前では、画面の下部から上にスワイプします
  2. 左上のネットワーク設定のカードを強く押す、または長押しします
  3. Cyber AirDrop 00003a

  4. 「AirDrop」をタップします
  5. Cyber AirDrop 00004a

  6. オプション「連絡先のみ」を選択します
  7. Cyber AirDrop 00005a

(Via appleinsider.)

日本でも最近、大阪府で府迷惑防止条例違反容疑で書類送検と言うのがありましたが、同様の事件が起こっていて、しばしばニュースなどで報道されています

AirDropは大変便利で使用されている方も多いと思います、被害に遭わないため自分を守るためにもAirDropの設定は「連絡先のみ」にしておくことが必要です

また、iPhoneの名前も本名を使わないと言うことも必要です

iPhoneの名前は「設定」>「一般」>「情報」>「名前」から変更出来ます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)