iOS 12でのショートカットが、アクセシビリティにとって重要な理由

iOS 12でのショートカットが、アクセシビリティにとって重要な理由

ショートカット

夏のWWDCで発表されて以来、ショートカットを取り巻く会話のシェアは、物事をすばやく効率的に処理することでした

Appleのマーケティングメッセージは、iOS 12のショートカットが「Siri」や「Shortcuts」アプリを使って頻繁におこなうことを合理化します

Appleは最近、ユーザーのお気に入りのアプリをシンプルなタップで使いやすくしたり、Siriに質問したりするために、ショートカットを統合したApp Storeアプリを強調するプレスリリースを発表しました

ショートカットの便利な要素は高く評価されていますが、その有用性の重要な側面はアクセシビリティです

ショートカットは、認知負荷の軽減、過度のスワイピングおよびタップ、および障害のあるユーザーが頻繁に遭遇する他の一般的なあつれきで、ライフセーバーとなり得ます
Siri Shortcuts 004 z

スポンサーリンク

生産性以上のもの

身体障害者のために、スピードとアクセシビリティに焦点を当てたショートカットは、iOSデバイスで何ができるのか、どのように機能するかという点で、新しい可能性を開くことができます

VoiceOverやDynamic Typeのようなシステムのアクセシビリティ機能を導入すれば、簡単な生産性向上ツールではなく、ショートカットアプリが魅力的になります

Siriショートカットとショートカットアプリは、大きなアクセシビリティの可能性があります

Appleのグローバルアクセシビリティポリシー&イニシアチブ担当シニアディレクターであるSarah Herrlinger氏は、
「すでに幅広いニーズに対応している人々が、働くこと、家に帰ること、友人や家族と連絡を取り合うことなど日常的なことが簡単に出来ます、私たちは、頻繁なタスクを合理化し、単一の音声コマンドやタップで複数のアプリケーション機能を統合する技術がどれほど強力であるかという素晴らしいフィードバックを得ています」と述べています

(Via MacStories.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)