iOS 12では、 「GrayKey」 iPhone Unlocking Boxが無効になる

iOS 12では、 「GrayKey」 iPhone Unlocking Boxが無効になる

Forbesによると、Appleは、iPhoneでパスコードを解読するために法執行機関が使用するGrayKey iPhoneロック解除デバイスを事実上無効にしています

複数の匿名情報源が、Forbesに、GrayKeyボックスがiOS 12以降を実行しているiPhoneまたはiPadのパスコードを取得できないことを伝えました

iOS 12を実行しているデバイスでは、法執行機関は、ファイルサイズやフォルダ構造などの暗号化されていないファイルとメタデータを提供する部分の抽出のみに限定されています

AppleがiOS 12 以降を実行しているiPhoneへのGrayKeyアクセスをブロックするためにAppleがどのようにしたかははっきりしていません

スポンサーリンク


Greyshiftと呼ばれる会社が作ったGrayKeyボックスの詳細は、今年の3月に初めて流出した。法執行機関に提供されているGrayKeyボックスは、iPhoneに接続してから、デバイスのパスコードを壊すように設計された独自のソフトウェアをインストールします

ボックスが4桁のパスコードをクラックさせるのはわずか6.5分、6桁のパスコードは約11時間で計算できます

AppleはiOS 11アップデートで、デバイスが最後にロックされてから1時間以上経過している場合、GrayKeyボックスのようなUSBアクセサリがiPhoneまたはiPadに接続できないようにする、新しいUSB Restricted Mode機能を導入しました

USB制限モードが影響を与えているか、AppleがGrayKeyボックスをブロックする別の方法を実装しているかどうかは分かっていませんが、Grayshiftのような企業はiPhoneをクラックするための回避策や新しい方法を見つける可能性があります

ロチェスター警察のキャプテンJohn Sherwin氏はForbesに次のように語っています

時間によって”回避策”が開発されると私は確信している…、そしてサイクルが繰り返されるでしょう

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)