Apple、障害を持つ人々を表現する13の新しいEmojisを提案

Apple、障害を持つ人々を表現する13の新しいEmojisを提案

新しいアクセシビリティ絵文字の提案

AppleはUnicode Consortiumに「新しいアクセシビリティ絵文字の提案」を提出しました

Appleは次のように書いています

Appleは、障害を持つ個人をよりよく表現するために、絵文字の追加を要求しています。現在のところ、絵文字は幅広い選択肢を提供していますが、障害のある人の経験を表すことはできません。利用可能なオプションを多様化することで、大きなギャップを埋め、すべての人に包括的な経験を提供します

前書き

世界中の7人に1人が、視覚、聴覚、または身体の運動能力の喪失を伴う身体的障害、またはより隠された目に見えない障害であろうと、何らかの形の障害を有する
現在の絵文字の選択は、一般の人に意味のある人、活動、およびオブジェクトの表現を幅広く提供しますが、障害を持つ人の人生経験を表すことはできません

Apple では、技術は誰にでもアクセス可能で、個々のニーズに応える経験を提供すべきだと考えています、ユーザーの人生経験に象徴的な絵文字を追加すると、障害を含む多様な文化を促進することができます
絵文字は、普遍的な言語とコミュニケーションのための強力なツールだけでなく、自己表現の形であり、自分の個人的な経験を表すために使用することができますが、また、愛する人のサポートを表示します

私たちが提案しているこの新しい絵文字セットは、障害のある人々のための基本的なカテゴリを表すための幅広い選択肢を提供することを目指しています
これは、障害の可能なすべての描写の包括的なリストではなく、絵文字宇宙内の多様性をより表現するための最初の出発点を提供することを目的としています

スポンサーリンク

選択プロセス

障害を持つすべての個人の経験はユニークであり、表現は無限の可能性を秘めています、限られた文字セットですべての可能なユースケースをカバーすることは不可能です

この提案では、盲目と低視力、難聴と難聴、身体運動と隠れた障害の4つの主要カテゴリで多数の人々に最も包括的な絵文字セットを選択しました
アメリカ盲人協会、脳性麻痺財団、ろう協会などの国際的に尊敬されている地域団体と協力して開発されたこの提案は、より多様な個人を代表する大きな前進だと考えています

障害を持つ人々のより良い表現のためのグローバルな対話を

提案された絵文字

  • ハーネス付きガイド犬
  • 白い杖を持つ人
  • Deaf sign 002

  • アメリカ手話
  • 補聴器付きの耳
  • 機械化された車椅子の人
  • 手動車いすの人
  • 機械式アーム:人工腕
  • 機械的な脚:人工脚
  • サービス犬のベストとリーシュ

画像元:Apple
(Via TechCrunch.)


全ての絵文字はAppleの提案(Proposal For New Accessibility Emoji)で見ることが出来ます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)