Apple、アクセシビリティ機能を強調した新しい「Designed for」ビデオシリーズ7本を公開

Apple、アクセシビリティ機能を強調した新しい「Designed for」ビデオシリーズ7本を公開

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

アクセシビリティ機能を強調

Appleは本日、iPhoneとiPadに組み込まれているアクセシビリティ機能を使用してさまざまなタスクを達成するさまざまな方法で、一連のアクセシビリティビデオのYouTubeチャンネルを更新しました

  • Designed for Todd S.
  • Toddは技術コンサルティング会社のCEOであり、四肢麻痺のコミュニティの著名なメンバーです。 Siri、Switch Control、Homeアプリでは、彼は自分の正面玄関を開き、自宅のライトを調整し、パーティプレイリストを並べることができます

  • Designed for Shane R.
  • Shaneは、中学校のバンドと合唱団のディレクターで、Made for iPhoneの補聴器を教室で使用しているので、すべての音を聞くことができます

  • Designed for Patrick L
  • Patrickは音楽と優れた食べ物のための情熱を持つDJ&プロデューサーです。 VoiceOverを使用することで、彼は自宅のスタジオでLogic Pro Xで、またTapTapSeeでキッチンで自分を表現することができます



    スポンサーリンク



  • Designed for Andrea D.
  • Andreaは、看護学生であり、障害者コミュニティを主張しています。彼女はApple Watchを使って車いす専用のトレーニングを記録し、友人と勝利を分かち合います

  • Designed for Meera P.
  • Meeraはサッカーとジョークを愛するティーンエイジャーです。彼女はiPadでTouchChatを使用して、友人や家族と話をしたり、たまにジョークを届けます

  • Designed for Ian M.
  • Ianは野外で野生の熱狂者です。 iPhoneでSiriを使用すると、FaceTimeで友人とのチャットやチャットができ、Switch Controlでは完璧な滝の写真を撮ることができます

  • Designed for Carlos V.
  • CarlosはメタルバンドDistarticaのリードシンガー、ドラマー、PRマネージャーです、 iPhoneでScreen Curtainを使ってVoiceOverのような機能を使ってソーシャルメディアサイトで彼のバンドを宣伝する方法を共有しています












スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)