AppleはWWDCでまったく新しい10.5インチのiPad ProとSiri Speakerを発売する可能性が高い

AppleはWWDCでまったく新しい10.5インチのiPad ProとSiri Speakerを発売する可能性が高い

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

WWDC 2017

AppleのWWDCカンファレンスは6月5日に始まりる、主にソフトウェアカンファレンスですが、信頼性の高いAppleのアナリストKGIのMing-Chi Kuo氏は来月に2つの新しいハードウェア製品を発売する予想を報告しています

Kuo氏はによると、Siri Speakerは全く新しいカテゴリーで50%以上の確率がり、さらに彼は基調講演で発表される全く新しい10.5インチのiPad Proは70%以上の確率があると言っています

Siri Speaker(仮称)は、「プレミアムオーディオ品質」を誇るスマートスピーカーと、新しいホームAI機能の発表とともに、AmazonのEchoよりも高価格となり、Kuo氏は、スマートなスピーカーには「タッチパネル」があると考えています


スポンサーリンク




その一方で Kuo氏は、70%の確率で、AppleがWWDC 2017で10.5インチのiPad Proを発表すると考えています

このタブレットは、まったく新しいデザインを特徴としており、AppleがiPhone 8用に設計している最小のベゼルと同様なデザインになり、新しいiPad Proは9.7インチiPad Proよりも大きなディスプレイを搭載するが、同様のサイズのシャーシに収まるだろうと考えています

同氏は、AppleがiOS 11やmacOS 10.13のような新しいソフトウェアを発表するとしているが、これは現時点では間違いないでしょう

ここ数年、WWDCはソフトウェアのみのショーでしたが、同社が新しいハードウェアをリリースしたり発表したりするのは前例がないことはなく、2012年には、WWDCが最初のRetina MacBook Proを発表しています

(Via 9to5Mac.)


WWDCのイメージとしてはiOSやmacOSのようにシステムやアプリケーションのイメージですが、過去にはハードウェアの発表も在ったのですね

WWDCは名称のごとくDevelopers Conferenceですので、システムやアプリケーションがメインになるのは間違いないと思われます

Jobs氏によるプレゼンが終盤に差し掛かったとき、思い出したかのように「One more thing」のような発表になるのでしょうか?


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)