Apple Watchの血中酸素濃度センサーは「医療グレードのデバイス」と同程度の信頼性との研究報告

Apple Watchの血中酸素濃度センサーは「医療グレードのデバイス」と同程度の信頼性との研究報告

MyHealthyAppleがTwitterで強調しているように、新しい研究によると、Apple Watch Series 6は、医療グレードのパルスオキシメーターと比較して、SpO 2が90%未満で血中酸素飽和度が低下した状態を確実に検出できます

National Library of Medicineによると

末梢血酸素飽和度 (SpO2) を測定する市販のスマートウォッチが、医療グレードのパルス酸素濃度計と比較して低酸素血症をどのように検出できるかを調査しました

方法

  • 24人の健康な参加者を募集しました、各参加者は、左手首にスマートウォッチ (Apple Watch Series 6) を装着し、左中指にパルス酸素濃度計センサー (Masimo Radical-7) を装着しました
  • 参加者は、3段階の 3方向非再呼吸バルブを備えた呼吸回路を介して呼吸しました
  • まず、2分間の初期安定段階で、参加者は周囲の空気を吸い込みました
  • 次に、5分間の酸素飽和度低下フェーズで、参加者は低酸素混合ガス(12% O2)を呼吸し、血中酸素飽和度が一時的に低下しました
  • 安定化の最終段階では、SpO2が正常値に戻るまで、参加者は再び周囲の空気を吸入しました
  • SpO2の測定値は、スマートウォッチとパルス酸素濃度計から 30秒間隔で同時に取得されました

スポンサーリンク

結果

  • 642組の SpO2測定値がありました
  • スマートウォッチと酸素濃度計の間の SpO2の偏りは、すべてのデータ ポイントで 0.0%でした
  • SpO2 が 90%未満のバイアスは 1.2%でした
  • スマートウォッチと酸素濃度計の個々の測定値の差は、SpO2値が 90% ~ 100%の場合は 6%以内、SpO2 値が 90%未満の場合は最大 8%と予想されます

結論

Apple Watch Series 6は、医療グレードのパルス酸素濃度計と比較して、SpO2 が 90%未満の血中酸素飽和度の低下状態を確実に検出できます

このスマートウォッチに使用されている技術は、診療所の外で SpO2を測定するのに十分なほど高度です

(Via National Library of Medicine.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)