イーロン・マスク氏、Twitter買収を断念すると正式発表

イーロン・マスク氏、Twitter買収を断念すると正式発表

Elon Musk氏は4月、Twitterを440億ドルで買収すると発表しました、しかし、数多くの論争の末、この取引は1カ月後に保留されました

Elon Musk氏は、Twitter買収から正式に手を引くことを正式に発表しました

Bloombergが報じているように、Musk氏は金曜日にTwitterに、会社との「合併契約を打ち切る」ことを確認する手紙を送りました、彼はまた、Twitterは「契約上の義務に従っていない」とも言っています、その結果、TwitterはもはやMusk氏に買収されることはありません

Elon Musk氏がツイッター買収の意思を確認する前、彼はすでに30億ドル近くをソーシャルメディアプラットフォームに投資し、同社株式の約10%を保有していました、数週間後、TwitterはMusk氏の申し出を受け入れ、今年後半に完了する予定だった取引に参加しました

しかし、この買収が発表された直後、このニュースに対するほとんどの反応は、Musk氏が常々 “絶対的な言論の自由 “を認めないプラットフォームであると批判していたため、必ずしもポジティブなものではありませんでした、同氏は、自身のTwitterのプロフィールを使って会社の従業員を攻撃し、身分を証明する書類を提出したすべての人間に認証済みバッジを与えるとまで言いました

スポンサーリンク


Elon Musk氏とTwitterの間はうまくいっていませんでした、同氏は、スパムや偽のTwitterアカウントの多さに不満を抱き、取引を保留にしました

同時に、これはMusk氏がプラットフォームを買わなくなった言い訳に過ぎないという報道もありました

Musk氏には買収する余裕がなかったという見方がある一方で、Twitterの価値を下げて、より低い価格で買収しようとしたのではという見方もありました

Twitterの言い分

当初の契約には、Musk氏が買収を撤回した場合、10億ドルの違約金条項が含まれていましたが、現在、Twitterは別の道を歩むことを望んでいるようです

TwitterのBret Taylor会長は声明で、同社の取締役会は当初の条件で「取引を完了させることを約束する」と述べ、合併契約を執行するために法的措置を追求すると述べました、つまり、TwitterはElon Musk氏を訴え、約束通りに会社を買収するよう迫ることになります

現時点では、次に何が起こるかは不明です

(Via “>9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)