Apple TV+、2021年放送映画批評家協会賞に9部門でノミネート

Apple TV+、2021年放送映画批評家協会賞に9部門でノミネート

本日、Critics Choice Association(放送映画批評家協会賞)は、Apple TV+が第27回Critics Choice TV Awardsにおいて、「フォー・オール・マンカインド」が最優秀ドラマシリーズ、「テッド・ラッソ」が最優秀コメディシリーズ、「アカプルコ」が最優秀外国語シリーズ、「カム・フロム・アウェイ」が最優秀テレビ映画賞など、6つの番組で9つのノミネートを獲得したことを発表しました

受賞者は、2021年1月9日(日)にロサンゼルスのセンチュリー・プラザ・ホテルで発表されます

また、世界的に大ヒットした「テッド・ラッソ」の第2シーズンは、最優秀コメディシリーズを含む4部門にノミネートされました。ジェイソン・スデイキス、ハンナ・ワッディンガム、ブレット・ゴールドスタインの3人は、それぞれコメディシリーズの主演男優賞、助演女優賞、助演男優賞にノミネートされました

また、Appleのオリジナル作品「カム・フロム・アウェイ」は、最優秀テレビ映画賞にノミネートされました。

世界的に大ヒットしたドラマシリーズ「ザ・モーニングショー」のシーズン2は、主演のビリー・クルーダップが第25回Critics Choice Awardsのドラマシリーズ部門で助演男優賞に2年連続でノミネートされ、同部門を受賞しました

今回の受賞は、「テッド・ラッソ」の第1シーズンがコメディシリーズ賞、ジェイソン・スデイキスの優秀主演男優賞、ハンナ・ワッディンガムの優秀助演女優賞の3部門を受賞したことを含め、Apple TV+が過去に受賞したCritics Choice Awardsに続く快挙です

スポンサーリンク


Apple TV +は、第27回 Critics Choice Awardsで合計9つのノミネートを受けました

  • 最優秀ドラマシリーズ 「フォー・オール・マンカインド」
  • 最優秀お笑いシリーズ 「テッド・ラッソ」
  • 最優秀外国語シリーズ 「アカプルコ」
  • テレビ向けベスト映画 「カム・フロム・アウェイ」
  • ドラマシリーズ最優秀助演男優賞 「ザ・モーニングショー」 ビリー・クラダップ
  • シリーズ主演男優賞『テッド・ラッソ』ジェイソン・スデイキス
  • シリーズ最優秀助演女優賞: 「テッド・ラッソ」 のハンナ・ワディンガム
  • コメディーシリーズで最優秀助演女優賞― 「シュミガドーン!」 のクリステン・チェノウェス””
  • コメディーシリーズで助演男優賞― 「テッド・ラッソ」 のブレット・ゴールドスタイン

2年以上前にApple TV+がデビューして以来、Appleのシリーズと映画は70の受賞と623のノミネートを獲得し、最近ではアカデミー賞、SAG賞、Critics Choice Awards、Critics Choice Documentary Awards、NAACP Image Awardsなどから表彰されました











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)