Apple、複数のM1 Maxチップを「スタック」して128コアのGPUコンビネーションを作る可能性

Apple、複数のM1  Maxチップを「スタック」して128コアのGPUコンビネーションを作る可能性

M1 Maxは、これまでに製造された民生用チップの中で最も強力なチップですが、Appleはその最新チップで当初の想像以上のことを計画している可能性があることが判明しました。

Max TechのVadim Yuryev氏が発見した新しい画像によると、AppleはM1 Maxチップを他のM1 Maxチップと「スタック」して、さらに強力なコンボチップを作るように設計していることがわかりました

Tom’s Hardwareによると、画像にはMCM(Multi-Chip-Module)スケーリングのために設計されたインターコネクトバスが写っています

Next M1 Max 002

基本的には、Appleは複数のM1 Maxチップを「チップレット」設計に重ねることで、M1 Maxチップの性能を実質的に2倍から4倍にすることができます

このことは、AppleがよりパワフルなApple Silicon Mac Proをリリースする前に、Mシリーズのチップをもう一世代作るのを待つつもりはないという、以前に聞いた噂と一致します

その代わりに、Appleは少なくとも2つのダイを持つM1 Maxチップのバリエーションを使用することを計画していると関係者は示唆しており、M1 Maxはすでにこれに対応できるように作られているようです

スポンサーリンク


基本的には、AppleはM1 Maxを2倍のコアを持つ「M1 Max Duo」、あるいは4倍のパワーを持つ「M1 Max Quadra」(または「M1 Max Ultra」)にスケールアップすることができます

言い換えれば、Appleはすでに40コアのCPU、128コアのGPU、256GBのRAMを搭載したチップモジュールを製造する能力を持っており、4つのダイに合計2,280億個のトランジスタを搭載することになります

注目すべきは、M1 Proには同じインターコネクトバスが搭載されていないことで、Appleはこれを使ってM1 Maxを次のレベルに引き上げることだけを計画していると考えられます

これは、完全に改造されたMac Proだけが提供できるパフォーマンスを必要とする、非常にハイエンドなプロアプリケーションの要求に応えることが目的であるため、ある程度理解できます


M1 Max Duoは、2つのチップを接続するだけなので、最も簡単な方法です、一方、M1 Max Quadraは、2つのM1 Max Duoペアの間にI/Oダイを追加する必要があるかもしれないなど、より複雑になります

しかし、Tom’s Hardwareによると、M1 MaxのペアをM1 Max Duoチップに統合した場合でも、最大で20個のCPUコアと64個のGPUコアを搭載でき、システムメモリは128GBに倍増し、メモリ帯域幅も800GB/sになります

いわゆるM1 Max DuoおよびM1 Max Quadraチップは、それらを組み合わせるのにまだ開発コストがかかるため、かなり高価になる可能性があります

(Via iDrop News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)