Apple TVのカラーバランス機能が実際に画像を悪化させる可能性があることがテストで判明

Apple TVのカラーバランス機能が実際に画像を悪化させる可能性があることがテストで判明

AppleのtvOS 14.5アップデートでは、テレビの設定を変更することなく、Apple TVのビデオ出力ができるだけ美しく見えるように調整することを約束する、新しいカラーバランス機能が追加されました

しかし、プロのキャリブレータが行った新しいテストによると、実際には以前よりも見栄えが悪くなる可能性があることがわかりました

このテストを行ったのは、プロのテレビキャリブレータであるVincent Teoh氏で、その結果をYouTubeに投稿しています


スポンサーリンク


Teoh氏は、2種類のApple TV 4Kボックスを使って3種類のテレビをテストしています、そのうちの1台は、3万ポンド相当のソニー製マスタリングモニターBVM-HX310をリファレンスとして使用しました

Appleのカラーバランス機能を実行した結果、全体的に青にシフトし、全体的な色の精度は理想的ではないことがわかりました

このビデオは、テレビのキャリブレーションについての話が多く含まれていますが、興味深い内容となっています

しかし、それがここでのポイントの一つかもしれません、ほとんどの人は、お金を払ってまでテレビのキャリブレーションを受けようとは思わないでしょう、Apple TVのカラーバランス機能は、ないよりはマシという程度のものではないでしょうか

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)