Apple Watch Series 7にはフラットエッジデザインが採用され、新色のグリーンが追加される可能性が

Apple Watch Series 7にはフラットエッジデザインが採用され、新色のグリーンが追加される可能性が

昨年、AppleアナリストのMing-Chi Kuo氏は、Apple Watch Series 7には何らかのデザイン変更が施されると報じていました

今回、Appleが「Apple Watch」のデザインを、他の最近のハードウェアアップデートと同様のフラットエッジのデザインに変更し、新しいカラーをリリースするという新たなうわさが浮上しました

Jon Prosser氏は、Sam Kohl氏とのポッドキャスト 「Genius Bar」 のエピソードで、この情報を謎めいたかたちで暴露しています


スポンサーリンク


Prosser氏は、より多くの情報やデザイン変更のレンダリング画像を近日中に公開するようですが、現時点では、Apple Watch Series 7は、他のAppleのハードウェアアップデートと同様のデザイン変更を採用すると予告しています

つまり、 「Apple Watch Series 7」 は、 「iPhone 12」 「iPad Pro」 「iPad Pro」 と同様のフラットエッジなデザインになるようだ。Kohl氏とProsser氏は、このデザインのApple Watchバージョンは他の製品よりも「より繊細」であると説明しています

また、カラーに関しては、Apple Watchで初めて、AirPodsMaxまたはiPadAirに見られる色合いに似た新しい緑色のカラーを備えている可能性があるとも述べています

Kuo氏は昨年次のように述べています

Apple Watch Series 6はApple Watch Series 4とApple Watch Series 5のフォームファクターに似ていると予想されている、今年のアップグレードの「主なセールスポイント」は血中酸素検知の追加です
大幅なフォームファクターの設計変更は、早くても2021年下期に新しいAppleWatchモデルで行われるだろう

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)