「Apple TV+」 の契約者は4,000万人を超えると推定される

「Apple TV+」 の契約者は4,000万人を超えると推定される

AppleはApple TV+の現在の加入者数を明らかにしていませんが、Ampere Analysis(The Wall Street Journalが引用)あたりは、2019年末までに同サービスのユーザー数が3,360万人に達したとしており、Statistaは2020年末までに同サービスが4,000万人に達したと推定しています

Newsweekによると、この数字は、Appleが新しいデバイスを購入すると1年間のApple TV+を無料で提供していることが後押ししています

実際、Varietyは、レポートで世論調査した加入者の5分の3以上がサービスにお金を払っていないと報告しています

各ストリーミングサービスの加入者数

  • Netflix:2億764万人
  • ディズニー+:1億人
  • Amazonプライム・ビデオ 5,200万人
  • HBOマックス: 4,420万人
  • Apple TV+: 4,000万人以上
  • Hulu 3,940万人
  • パラマウント+: 3,600万未満
  • Peacock: 3,300万人

スポンサーリンク


Apple TV+への関心は、Appleのサービスが基本的には立ち上げからスタートしているので、時間の経過とともに高まっていくと思われます

シリーズやコンテンツの数が増え、Appleがプロモーションを強化するにつれて、このサービスは、新しいデバイスを購入するという単純な計算の影響で自然に加入者を増やしていくでしょう

このサービスは、常にゆっくりと開始し、構築し、時間の経過とともに勢いを増していくと考えられています

1年前に 「Apple TV+」 を発売して以来、Appleはオリジナル番組の素晴らしいラインアップを蓄積してきた。同社が通常の 「量より質」 に注力することを決めたのは明らかです

Appleはデバイスの購入者にApple TV+を1年間無料で手に入れるキャンペーンを数年継続、現在のトライアルユーザーにも継続し拡大し続ければ、Apple TV+もApple製デバイスを購入する動機の一つとなり、数年後には月額600円で有料ユーザーとして継続するのではないでしょうか











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)