Apple Healthの幹部Myoung Cha氏が退職しスタートアップに移籍

Apple Healthの幹部Myoung Cha氏が退職しスタートアップに移籍

Business Insiderが報じたように、Apple Healthの戦略責任者であるMyoung Cha氏は、同社を去り、プライマリケアの新興企業Carbon Healthに加わることになりました

Appleに在籍中、Cha氏はSingaporeでのApple Watch健康プログラム、COVID-19 Exposure Notificationプロジェクト、健康調査などの取り組みに従事していました

Business Insiderの報道によると、Cha氏は今週末までにAppleを去ると言い、同氏は6月からCarbon Healthで在宅ケア担当プレジデント兼最高戦略責任者として勤務する予定です

Cha氏は、AetnaやSingaporeのプログラム、COVID-19との提携によるGoogleエクスポージャの通知、Johnson&JohnsonとのHeartlineの研究などのプロジェクトを担当しており、Apple Healthの最高経営責任者の一人と考えられています

スポンサーリンク


Business Insiderにチャ氏の退任を伝えた関係者は、「彼はAppleで深く惜しまれるだろう」と語っています

関係者は次のように述べています

これらのプロジェクトがどんなものだったか考えてみてください
Appleと呼ばれる高度にマトリックス化された組織内での信じられないほどの量の仕事。言うまでもなく、その多くは政府や他の企業との大きなものの立ち上げに関する交渉に関わっていました

Cha氏が会社を去る一方で、AppleはApple Healthチームの重要なポジションの採用を続けています

4月に発表されたレポートによると、Appleは “臨床機能の定義と仕様を定める”ために、上級心臓専門医を募集していました

このポジションは、同社がいずれApple Watch以外の健康に特化したデバイスをリリースする可能性を指摘しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)