Apple TV+はライバルのどのサービスよりも高いIMDb(インターネット・ムービー・データベース)評価

Apple TV+はライバルのどのサービスよりも高いIMDb(インターネット・ムービー・データベース)評価

Apple TV+は、主要なストリーミングサービスの中で、コンテンツ数が圧倒的に少ないです

同社は、映画館でも上映されたいくつかの作品を除いて、他では見ることのできない自主制作や購入した作品のみを配信することにしました

量より質を重視したことが、少なくとも批評家の評価という点では功を奏しているようです

Self Financial社の新しい調査によると、Apple TV+の映画やシリーズは、IMDbでの平均評価が、Netflix、Prime Video、Disney Plus、Hulu、HBO Maxよりも高いことがわかりました
IMDb
この調査はアメリカのコンテンツリストに基づいて行われたものなので、他の国では結果が違って見えるかもしれません

スポンサーリンク


しかし、商業的な成功という点では、アップルの戦略はあまり成功していません、潜在的な加入者は、「TV+」に収録されているコンテンツがいかに高評価であっても、その量の少なさに敬遠しているようです

このサービスが有料会員の獲得に苦戦していることを何度も取り上げられてきましたが、受賞のニュースがあったにもかかわらず、それは続いています

実際、Netflixの平均は全体的に低いかもしれませんが、そのサービスは非常に高い評価で最も多くのコンテンツを持っています、IMDbで8.0以上の評価を得たシリーズ作品の数は、2番目に多いPrime Videoの3倍以上になります

また、Netflixは、8.0以上かつ6.0~7.99の評価を得た映画が最も多い(約3,800作品)サービスです、それに比べてApple TV+では、これまでに計70作品が配信されており、その数は圧倒的に少ないと言えます

この調査では、各ジャンルの平均スコアも提供されます

Apple TV +は、カタログの貧困の代償を払うことがよくあります、カテゴリ全体を急落させるには、プログラムの評価が悪いだけで十分で、アスタリスクは、カテゴリに含まれるプログラムが15未満であることを示します、明らかに、Apple TV +にはたくさんあります
IMDb 00002
Self Financialの結論は、Netflixが最もお得なサービスを提供しているということです

(Via iGeneration.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)