Apple、トム・ハンクスの「グレイハウンド」が新記録を達成後、新たなストリーミング戦略を検討

Apple、トム・ハンクスの「グレイハウンド」が新記録を達成後、新たなストリーミング戦略を検討

トム・ハンクスの第二次世界大戦手続き「グレイハウンド」は、Apple TV Plusに最初の正真正銘の大ヒット作をもたらしました。インサイダーによると、今や幹部たちは長編映画で倍増を目指しています

Appleの考えに詳しい情報筋によると、ハンクス氏の第二次世界大戦中のドラマ「グレイハウンド」(彼は脚本と主演の両方を務めた)の成功が、Appleの長編映画への野望を促進し、今ではNetflixのようなレベルにまで増幅されています

ある情報筋によると、このストリーマーは今後、1年に10本程度の新作映画を 「Apple TV+」 でリリースする計画を検討していると言います

そのうちの2~4作品は、「グレイハウンド」や大ヒットタイプのタイトルであり、ウィル・スミスが主演し、Appleがワーナーブラザーズやユニバーサルなどとの入札戦争で最近1億2000万ドルで買収したアントワーヌフューカが監督する「Emancipation」です

別の情報筋によると、具体的な内容は少ないものの、Appleがハリウッドに、大ヒットするような長編映画を求めていることを確認しているとのことです

スポンサーリンク

これはAppleにとって劇的な転換点となるでしょう

これはAppleにとって劇的な転換となるだろう。昨年11月にAppleがApple TV Plusを大々的に発表して大騒ぎになったとき、テレビ戦略とは違い映画は後回しなのは明白でした

同社の視点は正確には何だったのか? ある映画エージェントが言うには、「Netflixよりも混乱しており、私はNetflixが何を望んでいて、何を望んでいないかを知っています、しかしAppleは代理店に『こういう映画が必要だ』と言ったことはありません、Appleはテレビに関してはもっと具体的だと思います」

Greyhound Battle of the Atlantic 00001 z

それから「グレイハウンド」が来た…

Appleは、もちろん数字を公表しないでしょう、Deadlineはこの映画が夏の劇場興行の大ヒットに見合った視聴者数になった、と報じています

Apple TV+の史上最大のオープニングウィークエンドであるだけでなく、それを見た人の30%が新規加入者でした

(Via Fast Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)